ハリウッド版ゴジラの渡辺謙 今やってるゴジラの映画につい

  06 3月 2021

ハリウッド版ゴジラの渡辺謙 今やってるゴジラの映画につい。1.現実問題として人口増加や環境破壊という人間の所業によって、人類は滅びようとしています。今やってるゴジラの映画について質問です

?怪獣たちを起こす必要はあったのですか
→あのせいでかなりの人たちが死んでますし、何もしなければ平穏だったのでは (起こさないと地球が滅亡するみたいな描写はありましたが、怪獣に暴れられるほうがよっぽど滅亡に近い気がします)

?ゴジラは放射線を出しているそうですが、その割にはゴジラの近くに主人公たちが居ました あれは平気なのですか ゴジラのマネージャーから聞き出した。キング?オブ?モンスターズ』にはゴジラ。キングギドラ。モスラ。ラドン
という有名な怪獣が出てきて大暴れするんですけれども。だから『キング?
オブ?モンスターズ』は。そういう愛情が全部散りばめられている映画なんです
よ。清水。一緒に観た女性スタッフも「清水さんとゴジラについて語りたい
です!去年末ドハティ監督にお会いしたとき「いま“ユニバースもの”って色々
あるけど。世界で最初にやったのは東宝だよね」ってずっと言っていて。

今やってるゴジラの映画について質問です。ハリウッド版ゴジラの渡辺謙。というものがないんですよ。だからマーベルだし。バットマンもスパイダーマン
もずっとやっている。ゴジラもピカチュウも潜在能力が高いし。裾野も広いし。
日本発だからというよりも。映画にしたくなるのは当然だと思い

1.現実問題として人口増加や環境破壊という人間の所業によって、人類は滅びようとしています。それを是正出来るのは怪獣たちだけ、という考えで行動している人たちが怪獣を起こしたんです。何の根拠もなく「ゴジラだけは人類と共存できる」と盲信して、ゴジラを信奉しているモナークよりは過激な手法ではあるもののいくらか筋は通っていると言えます。怪獣が暴れたくらいで人類が滅びることはありませんが、今のまま人類が環境を壊し、数を増やし続ければ間違いなく滅びます。2.あの映画はそこまで考えていません。ゴジラ作品の怪獣プロレスの部分ばかりに注視した作品なので。そこは、環境テロリストの事ですから、シーシェパードの様なものと思うべきです。戦争、環境破壊、人口増加は問題にするくせにテロは良いのか?と突っ込みたくなるのは、環境保護を訴えながら暴力テロを繰り返すシーシェパードそっくりです。まあ、クジラとゴジラ。1字しか違いませんが。必要の無い事をするのがテロリストですまぁ、地球上の全ての生物目線で語るなら地球にとって最も有害な『人間』を滅亡させる事は有益となるでしょうねゴジラの熱線による放射能被曝については…大人の事情で「触れちゃ駄目」なんだそうです滅亡と言うのは人だけの話ではありません。環境テロリストは人類が増えすぎたから地球が滅亡するので、怪獣で人の数を減らすと言っているのです。ゴジラは放射能を吸収する怪獣ですので漏れている放射線は微量のため短時間なら問題ないと考えられます。怪獣を起こしたのは過激な環境保護テロリストですよね。色々な理屈をつけてはいますが、自ら騒乱を起こす事が目的であり、お題目はその理由付けに過ぎません。その結果がどうなろうと「大義のため?と正当化するのはテロリストの常套句です。もちろん、巻き込まれて亡くなった方への補償などするはずもなく。1954年のゴジラでは通過場所に居た親子が被曝した描写が有りましたが、以降のゴジラ映画でその辺りを提示したのはGMK被曝の恐れがあるとの台詞、シン?ゴジラ新たな放射性物質のため、半減期が極端に短い事が判明、VSデストロイアメルトダウンで崩壊するゴジラから発散される放射能で東京が死の街へ?それを全て吸収して新たなゴジラ誕生くらいでは。他の映画では、ほとんど意識されていないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です