人事異動って拒否できる 今日急に会社で強制異動を命じられ

  07 3月 2021

人事異動って拒否できる 今日急に会社で強制異動を命じられ。資格がない場合、個人で介助ができなくて、せいぜい、車いすを押すとか食事の用意をするとか、そこら辺の介護してことがない人でもできる仕事しかできないんですよね。今日急に会社で強制異動を命じられました 事務で働いていましたが、介護職への異動です 理由は事務員全員の仕事の平均化を図れない為だそうです 資格は全くありません 高卒で事務職に入り、一度辞めて今の会社に入りました 何もせずともあと10日もすれば勝手に介護職に異動になってしまいます 中途で事務から介護になり、資格もない 介護という仕事で私は何ができるのでしょうか 理由も思いつきません こういう経験をされた方いらっしゃいますか 職種変更命令のトラブル対策。従業員に対する職種変更の命令には一定の制約があり。制約を超えて職種変更を
命じてしまうと。裁判で敗訴し。多額の従業員を復職させたうえで。さらに
解雇から判決までの「約年か月の期間の給与」を支払うことを命じました。
このように。安易な職種変更命令には。多額の金銭支払いを命じられる裁判
トラブルにつながる危険が潜んでいます。職種については。職種限定契約で
あり。看護師以外の職種への職種変更命令はできないと判断されています。

人事異動を拒否できる6つのパターンと交渉テクニックを解説。ベリーベスト法律事務所。代表弁護士の萩原 達也です。現在の住所地から通え
ない遠隔地に異動が命じられた場合など。ご家庭の事情等次第では。深刻な問題
になります。そこで。労働者の生活を守るために。会社の人事権の範囲
について。法律や多数の判例などが積み重ねられています。明確であり。配転
により退職を期待するという「不当な動機?目的」でなされたものとして。配転
命令が無効とされ。配転命令拒否を理由とする解雇も無効とされました望まない人事異動の内示が出たら。会社員である以上。人事異動は付きものですが。異動が理由で転職や退職を
考える人も少なくありません。今回は望まない人事異動を受けた経験のある方
たちに。その実態を聞いてみました。限定が無い限りは。定年まで様々な職種
や職場を経験することが予定されているため。組織の人事異動命令権は強く肯定
されています。が厳しいかわりに広範な人事権が認められており。ほとんどの
会社では。異動の辞令が下された時点で拒否できない風潮があります。

会社が一方的に転勤命令を強制できる。特に。全国に支店を持っている。規模の大きな大企業では。転勤が定期的に
繰り返されています。 転勤命令を就業規則は。労働基準法に定められた一定の
要件を守っているかぎり。労働契約の内容となります。 ただし。人事異動って拒否できる。その分。会社?組織が持つ人事権は強いため。人事異動は原則的に拒否できない
ものとされています。一方「内示」は。文字どおり「内々に示す」という意味
で。辞令の予告として本人やその上司など限られた人にのみ知らされます。
そのため。「一旦は人事異動を受け入れて異動先で働いてみる」「実際に働いて
みて。やっぱり合わないと思ったら転職を視野に入れる」など。転職した
としても。その会社でまた異動や転勤を命じられることもあり得ます。

人事異動や転勤の命令は拒否できる。多いでしょう。この記事では。異動や転勤を告げられた時に断れる事例などを
紹介します。場合があります。 この場合。その地域で働く前提で雇用されてい
ますので。転勤の命令を断ることができます。 もしそのような社員に対して会社
が転勤を命じた場合。会社側が業務違反になる可能性が高いのです。特に配偶
者が働いていて。転勤が難しい場合などです。 事情があって転勤通達とは。通達とは。行政官庁がその所掌事務について。所管の機関や職員に文書で通知
することで。「通知する」「知らせる」という意味を持ちます。戦前は「通牒
つうちょう」と呼ばれていましたが。戦後の公用文改革により。当用漢字を
用いた名称として「通達」と変更されました。通達は上から下への命令ですが
。通知に強制力はなく。通告は公的に知らせることを意味しています。人事
通達とは。会社が従業員に対して人事異動を発表?掲示することです。

本人の同意や明確な理由のない社内転属は。転属後に「同意ではなく強制だ」といわれかねない気がします。次のケース
においては。会社側の権利の乱用として。配転命令が無効となります。一方。
就業規則がなかったり。就業規則があって人事異動に関する定めがない場合は。
原則的に本人の同意が必要になり合理的な理由がなく。転居を伴う転勤に
応じることができることを要件とするものは間接差別の対象となりました。お
問い合わせの多いものからエン事務局がお答えして。このコーナーに掲載して
いきます。

資格がない場合、個人で介助ができなくて、せいぜい、車いすを押すとか食事の用意をするとか、そこら辺の介護してことがない人でもできる仕事しかできないんですよね。それ以上のことをさせない施設ならいいんですけどね。まあ、深読みすれば、かなり赤字で介護職では新しく雇用できなくて事務から異動させないといけない状態なのかもしれません。そうじゃないと、強制異動なんてありえないと思いますね。直ぐ転職っていうのは難しいですけど、活動ぐらいはしたほうがいいかもしれませんね。会社は組織で動いて居て、誰かの独断で動いて居るので、理不尽でも有ります。気に入らなければ辞めるしか有りません。でも、異動を決めた方は、あなたで出来ると判断したんです。誰かの入れ知恵だって有りますから取り敢えずやって見て、合わなければ辞めるだけです。その仕事にも喜びが産まれるかも知れません。最後は、あなたの会社では無い、それを肝に命じて下さい。親さんが元気なら、転職でも良いと思うよ。同業者も有りますから、見返してやってもいいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です