今日の話はなんでっか 渡来人は何故当時先に進んでた中国や

  07 3月 2021

今日の話はなんでっか 渡来人は何故当時先に進んでた中国や。有力な説では、当時住んでいた場所が滅ぼされてしまい、行き場を失ったので仕方なく海を渡ってやってきたと言われています。渡来人は何故当時先に進んでた中国や朝鮮よりわざわざ途中海で危ない日本にまで行こうとしたのですか 海文化。大陸から人々が渡来する場合。あるいは日本列島の諸地域間で海や河川を利用し
て交通や交易?交流する場合。港の重要性は越前国の初出よりあとになるので
。越国の分割時期を特定するうえでの参考にはならない。なぜ。コシが島な
のか。これが江南からの直接ルートで。中国や朝鮮半島から日本へ文化が
伝わる経路のひとつに想定されている。なかでも。東シナ海を渡り対馬海流に
流されるままやって来た一群があって。その行き着いた先が日本海沿岸という
のである。弥生時期日本に来た中国人。年より現職兼任。年より専任 年月展が縄文から弥生時代に進ん
だ素因の中に。縄文から伝承するものも。弥生の独 自の素因もある産発展の
レベルは。中国と朝鮮に及ばないだけではなく。当時の日本列島には統 一の政権
帰化人にせよ。渡来人にせよ。移民にせよ。用語の問題にすぎず事実に対して

越前若狭における渡来系伝承の研究。年より渡来人に対する監視が強化され。さらに 世紀には新羅に対する
強硬姿勢が見られる生 田。や『風土記』。中国。韓国の多くの
文献の双方を駆使して。縄文文化を変えた人の移動と外来今日の話はなんでっか。Q。これまで弥生時代は。紀元前5-4世紀ごろ。中国の戦国時代の混乱に伴っ
て。大陸や朝鮮半島から多数の渡来人が稲作技術を携えて日本さらに。クニの
成立に至る弥生文化の展開が。これまでの常識よりは時間をかけて進んだと指摘
された。そして明治18年のホラが吹くまえまでは。竜王山が交野山より
高かったという話し。当時の人は想像豊かというか。ホラ吹きというか?
わざわざ丁寧に「ひれ」を立てたり。しかも「入れ子」のような狭苦しい 加茂
岩倉遺跡の銅鐸

渡来人。最初の渡来人たちは,紀元前にさかのぼるが,日本九州を中心としてに米
作りや土器などを伝えた人たちと考え渡来人の持ち込んだ技術や文化によって
当時の日本倭国は高度に発展したと言える。秦氏は4?5世紀ごろに朝鮮
半島の新羅「波旦」が出身地かからきた弓月君ゆづきのきみを祖とする
氏族。聖徳太子の時代,新羅より仏像が贈られたので,これを秦河勝に授けた
。中国風の土蔵門をくぐると本堂と梵字の「阿」の字をかたどった池の前に
出る。

有力な説では、当時住んでいた場所が滅ぼされてしまい、行き場を失ったので仕方なく海を渡ってやってきたと言われています。先に進んでいたということは当時の中国や朝鮮は国家やそれらしいものが形成されていたので、どこに行っても追い出されてしまうので大陸では居場所がない状態になっていました。ところが当時の日本はまだ国と言えるものが存在せず、移り住んでも邪魔さえしなければ追い出されることもないので、大陸で隠れながら生活するより都合がよかったのです。それは、昔はやった説で、いまはもう相手にされてないものです。皆様の説明されておられる通りです。渡来人説は終戦後のどさくさ時のまやかしでした。科学的調査によって、従来より朝鮮半島との関係が薄くなったため、インターネット上においては、ウィキペディアをはじめ、個人の「URL」も含めて修正が行われています。ウィキペディアWikipedia「渡来人」より↓ウィキペディアWikipedia「渡来人」↑渡来人とらいじんとは、広義には、海外から日本に渡って来た人々を意味するが、歴史用語としては、4世紀から7世紀頃に、中国大陸及び朝鮮半島から日本に移住した人々を指すことが多い。帰化人との違いについては下記節を参照。 渡来は一時期に集中して起こった訳ではなく、幾つかの移入の波があったと考えられている。また、そのルーツに関しても、黄河流域 – 山東半島、揚子江流域、満洲 – 朝鮮半島など様々である。概説揚子江流域などから伝わった水稲作に始まり、後には漢字、仏教や寺院建築技術などを日本に持ち込み、古代日本における文化?政権形成に大きな役割を演じたと考えられている。 陸稲は約1万2000年前の仙人洞?吊桶環遺跡のものが確認されているが、散播による陸稲よりも手間はかかるが多くの収穫を見込める水稲栽培が普及し彭頭山文化の関連遺跡で推定約6000年前のものが確認されているやがて日本にも水稲がもたらされたとされる。この時期について、かつては弥生時代の開始にあたる春秋時代やその後の戦国時代にかけての混乱と戦災を避けた難民の流入とする説があったが、後の水稲や関連文化の相次ぐ発見によって、さらにさかのぼる殷や周の時代の政変混乱によるものとする説も浮上し、水稲は縄文時代末期から時間をかけて日本列島に普及した過程を考えることができるようになった。この流入は、大陸を北上して朝鮮半島を南下する経路ではなく、海洋を東進して直接日本に入ったと見られている。 4世紀末 – 6世紀、古墳時代にはヤマト王権に仕える技術者や亡命者として中国大陸や朝鮮半島から人々が渡来した。4世紀後半から5世紀にかけて、ヤマト王権は百済と連携しつつ朝鮮半島南部の領土と支配権維持のために繰り返し出兵するなど大陸で活動しており、このことは高句麗が遺した広開土王碑にも記録されている。大王を中心とするヤマト王権において重要な位置を占めた者や文化の発展に寄与した者がいた。また、日本から朝鮮半島の方向に人?物が動いた事例もあり、後の狗邪韓国や任那に該当する地域では紀元前4 – 3世紀になると、それ以前の九州北部との交易から更に進んで朝鮮半島南部への移住?入植とそれに伴う弥生土器の急激な増加が確認されている、また光州、木浦近辺などに分布する前方後円墳はヤマト王権に関係する遺跡とされ、現地で製作されたと考えられる円筒埴輪、ベンガラ酸化鉄を塗った横穴式石室が確認されている韓国調査報告。墳墓に埋葬された人物の身元については諸説ある。 ヤマト王権に仕えた渡来人としては、秦氏、東漢氏、西文氏かわちのふみうじ が代表的であり、他に渡来人系の人物として鞍部村主司馬達等止大唐漢人、継体朝?敏達朝、鞍部多須奈用明朝、鞍作止利仏師推古朝、高向玄理高向氏、南淵請安南淵漢人、旻日文、新漢人、鑑真などがいる。朝鮮半島ではなく中国大陸にルーツを持つ人物が多い。 2世紀 – 7世紀頃において、日本から主に朝鮮半島に移住した倭人倭族?大和民族であっても、日本に亡命?帰還した際は渡来人と呼称されている。 また飛鳥時代には百済の滅亡により亡命貴族が日本を頼って渡来した。中でも最後の百済王義慈王の王子の禅広は、持統天皇より百済王くだらのこにきしの氏姓を賜り、百済系氏族の代表的な存在となった。 さらに奈良時代末期から平安時代初期にかけて、鑑真に同伴したコーカソイドに属するソグド系とされる僧侶の如宝も広義的には渡来人に含まれる。簡単にご説明致します。渡来人はそもそも朝鮮から来ました。日本に行けば自分の能力を桁違いに高く評価してくれるに違いない!そうすれば朝鮮にいるよりたくさんの領地と富が手に入るぞー!って思って日本に来たわけですね!「渡来人」とは、基本的に、6~7世紀に、中国、朝鮮半島などから日本に渡来した人々を指し、渡来系弥生人は含まない。ここでは、あえて「渡来系弥生人」について説明を行う。?縄文時代は、今から約1万6000年前~今から約2300年ほど前まで?弥生時代は、今から約3000年前~今から約1700年ほど前まで↓弥生時代↑弥生時代やよいじだいは、日本列島における時代区分の一つであり、紀元前10世紀頃から、紀元後3世紀中頃までにあたる時代。↓縄文時代↑縄文時代じょうもんじだいは、約1万5,000年前紀元前131世紀頃から約2,300年前紀元前4世紀頃、地質年代では更新世末期から完新世にかけて日本列島で発展した時代。縄文時代に生きていた縄文人と、約3000年前に渡来した渡来系弥生人とは、まったくの別人類集団となります。弥生時代に生きていたのは、縄文人と渡来系弥生人とその混血です。↓弥生時代の開始年代ややこしいでしょうけれども、弥生時代の開始=紀元前10世紀ころ今から約3000年ほど前縄文時代の終焉=紀元前3~4世紀ころ今から約2300年ほど前700~800年間は「縄文時代」と「弥生時代」が共存していた時代となります。「渡来系弥生人」は、元の「言葉」を失った可能性があり、また中国などに記録がなく、日本においても、文字、記録はおろか、伝承すらもなく、自らの存在を発信することもしていません。このことから、「渡来系弥生人」は、?日本列島までなら到達ができた程度の航海技術をもった人々?上記の人々とともに日本列島へ渡る機会があった人々?水田開発の経験がある人が含まれていた。↑中国沿海付近の寄せ集まった集団=「渡来系弥生人」このころは、中国人、韓国人というものはなく、様々な集団が入り混じった時期です。紀元前1000年今から約3000年前に、日本列島に「渡来系弥生人」が渡来した後、その後の「渡来」が全く無い状態で、「渡来系弥生人」が安定した食糧を確保したため、人口が自然増加し、「邪馬台国」の時代まで至ったかのようにも思えます。確かにその間「鉄器」なども出現しますが、それは必ずしも新たな「渡来人」を意味するものでもありません。紀元前1000年の、「渡来系弥生人」の渡来以降のまとまった「渡来」は、何一つ証拠がないのです。7世紀以降であれば、たとえ多く見積もって、約1万人の渡来人が来たとしても、当時の日本列島の人口白村江の戦い663年時の日本列島の人口は400万~500万人から考えて、コンマ以下0.2%となります。卑弥呼の邪馬台国の時代、いろいろ、雑多な100以上の国があり、お互いに戦争、紛争ばかり起こすので、やむを得ず、卑弥呼が出てきて鎮めたと、魏志倭人伝に書かれています。卑弥呼という女性は、いかにも原始的な、怪しげな黒魔術で人々を操ってやっと統治していたのです。↓魏志倭人伝より倭人在帶方東南大海之中、依山?爲國邑。舊百餘國、漢時有朝見者。今使譯所通三十國。倭人は帯方郡の東南の大海の中に在り、山島に依って国邑とし、もとは100余国で、漢の頃から大陸への朝貢があり、記述の時点では30箇国が使者を通わせている。日本は、古代から「中国、韓国」のような、中央集権的な国ではなかったのです。一時、権力を持った朝廷ですが、鎌倉時代から明治まで、権力を失いました。安土桃山にしても、江戸にしても、権力を持ったのは、どこの馬の骨ともしれない成り上がり者の実力者です。古代日本は、いろいろ、多数の、雑多な国、集団が寄せ集まった集合体です。しかし、お互いに戦争、紛争などの争い事ばかり起こすので、やむを得ず、それを抑える機関が必要となったのです。それは、卑弥呼の邪馬台国も、鎌倉幕府も、そして江戸幕府も同じです。それが結果的にヨーロッパ的なフューダリズム封建制へと、つながっていったようですが、この体制は、当時の中国、韓国と共通性が全くありませんでした。渡来系弥生人が日本列島に渡来し、本格的な水田稲作を持ち込んだのは、今から約3000年前紀元前10世紀です。「日本人大和民族」は、すべて「縄文人」と「渡来系弥生人」との混血民族ですが、↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!」「渡来系弥生人今から約3000年前」は朝鮮半島から来たのではないようです。「日本列島」と「朝鮮半島」との人的交流は、今からわずか約2000年前より後となります。———————–?中国南部及び朝鮮半島には存在しない古いタイプのハツカネズミを引き連れて「縄文人」は日本に渡来した。?約4000年前、南アジア亜種系統中国のハツカネズミを引き連れて「渡来系弥生人」は日本に渡来した。?歴史時代2000年前に、やっと北ユーラシア亜種系統朝鮮半島のハツカネズミが渡来した。———————–日本列島人が、初めて、朝鮮半島にちょっかいをかけたのは、百済などが国として成立したころ、今から約2000年前です。それまでは、日本列島人は、朝鮮半島に行かなかったし、朝鮮半島から人もこなかった。弥生時代の開始は、今から3000年前BC10世紀に変更されており、今から3000年前BC10世紀に、九州北部で本格的にはじまった水田稲作が「九州北部—-関東」を結ぶ線上を、約800年かかって、ゆっくりと拡大東漸していったことが判明しています。↓総合研究大学院大学、文化科学研究科で公開している資料です。↓弥生時代の開始年代総合研究大学院大学、文化科学研究科↓社会科教科書「帝国書院」よりQ2:縄文時代と弥生時代の区分はいつ頃ですか?A:私どもの教科書では弥生時代を、紀元前3世紀ごろから紀元3世紀ごろまでの600年間としています。その一方で、この記述に注釈をつけて、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀とする新しい研究成果も紹介しています。これまで通説となっていた、「弥生時代のはじまり=紀元前300年」は、1960年代に、土器の編年や遺跡から出土した中国の青銅器をもとに割りだされた年代 に、弥生前期のコメや貝を炭素14年代法遺物のなかの炭素14の量から年代を推定する方法で測定したデータ結果を加味して出された説でした。2002年、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀ごろであると発表したのは、国立歴史民俗博物館以下、歴博です。歴博は最新のAMS-炭素14年代法などによって測定した結果、九州北部の弥生時代遺跡から出土した、土器に付着する炭化物コメのおこげや木杭は、紀元前約900~800年のものであり、前10世紀後半に九州北部で本格的にはじまった水田稲作が、約800年かかって日本列島を東漸したとの説を展開しました。水田稲作が九州北部から各地に広がるのに要した年月は、例えば瀬戸内海西部地域までで約200年、摂津?河内まで300年、奈良盆地まで400年、中部地方には500年、南関東へは600~700年、東北北部には500年であると推定されますが、水田稲作が、非常にゆっくりと各地に広がっていったことが、ここからわかります。こうしてみますと、従来のように?弥生時代の始まり=紀元前300年?などと、ある一点で区分すること自体、無理があることと考えられます。今後さらに研究が進み、弥生時代のはじまりの年代も修正が迫られると思われますが、私どもでは、教科書本文では通説に従った紀元前300年と記述し、注釈で紀元前10世紀という説を示しました。これは現時点ではさまざまな議論があり、また地域によって差があることをふまえた記述であることを、ご理解いただきたいと考えております。—————————————–↑ここまではいいですか?↓さて、最新情報です。—-3000年前————2000年前——————現在——-+———————+—————————-中国南部のハツカネズミ—–朝鮮半島ハツカネズミ—.▲.▲.渡来系弥生人.歴史時代..の渡来3000年前.朝鮮半島との接触.は周知の事実↓北海道大学プレスリリース最新報道発表↑日本産の野生ハツカネズミが,先史時代の農業の歴史的展開とともに中国南部からは約4000年前、朝鮮半島からは約2000年前に、それぞれ渡来したことが判明。↑上記2系統以外に,さらに古い時代おそらく縄文人に移入した系統が存在する可能性も指摘。↑図2の説明、遺伝的解析に基づき想定された主要2亜種系統の日本列島への移入。過去の研究成果もふまえ、日本列島への野生ハツカネズミは以下のような流れで移入?展開したと考えられる。1南アジア亜種系統はインドに起源地を持ち、約8000年前に放散。その後、2中国南部に移入した系統が珠江流域において4000年前に放散し、日本列島及び南サハリンまで波及した。3北ユーラシア亜種系統は朝鮮半島にとどまっていた系統がおよそ2000年前に放散現象を起こし、日本列島に九州経由で移入した。移入後しばらく時間が経過した後例えば1000年前、北ユーラシア亜種系統は東北及び北海道に南アジア系統と交雑しながら北方移動した。 ——————————————–わかったこと中国、朝鮮を含めて、歴史時代に突入したのは、今から約2000年です。つまり、今から約2000年前より後は、日本列島と朝鮮半島と接触とか「いざこざ」があったのは、周知の事実です。渡来系弥生人が日本列島へ渡来したのは、今から約3000年前です。しかし、今から約2000年前より前は、日本列島と朝鮮半島とは、接触が、全く無かった模様です。つまり、今から約2000年前より前には、朝鮮半島由来の野生ハツカネズミは日本列島には存在しない、これは「渡来系弥生人」が、朝鮮半島から来たのではないばかりか、朝鮮半島を「経由」すらしなかったということになります。また、もう有名な話ですが、稲の遺伝子とも一致しますね。2200年前の弥生米大阪の池上曽根遺跡や奈良の唐古?鍵遺跡のDNAを分析した結果、朝鮮半島には存在しない中国固有種が含まれていることが判明している。↓中国から日本へ稲作が直接伝来した裏付けとなる「RM1-b 遺伝子の分布と伝播」、日本の各所に点在するRM1-b遺伝子。中国では90品種を調べた結果、61品種に、RM1-b遺伝子を持つ稲が見付かったが、朝鮮半島では、55品種調べてもRM1-b遺伝子を持つ稲は見付からなかった。なお現在の日本に存在する稲の遺伝子は、RM1-a、RM1-b、RM1-cの3種類最新の研究報告より長江文明稲作文明は、今から約4200年前に、急激な寒冷化によって突然衰退しました。長江文明:日本の水稲栽培は、稲のDNA解析に基づくと、長江河口域から渡来したことが明らかになっています。つまり、長江新石器文明は日本人のルーツといえる重要な文明です。↓失われた長江新石器文明の謎 ? 約4200年前の気候変動を海洋堆積物から復元する↓長江河口域の過去の気温と、日本列島への水稲稲作の伝来約3000年前、春秋戦国時代を比較してみます。国が滅んで迫害された旧支配階層の人間ですから中国に行っても同じく迫害されて仕舞います。日本で有れば迫害されませんし旧支配階層の人間として追及されていても引き渡される事も有りません。当然中国や朝鮮の現王朝から追手が派遣されて来る事も有りません。主に朝鮮系は百済、中国系は呉からの渡来人が多かったと言われていますが、いずれも国を滅ぼされた負け組です。要するに、自分の国が無くなり亡命してきたという事です。自分の意思で渡来した者もいましたが生口といって贈り物として連れてこられた人たちもいました。つまり奴婢=奴隷です。日本だと先進国から来たという扱いを受けて出世できるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です