代引き不可 私の家は平家の末裔らしいですが平家って渡来系

  06 3月 2021

代引き不可 私の家は平家の末裔らしいですが平家って渡来系。まず、あっちこっちでひつこく申し上げていることですが、「平氏」と「平家」は違います。私の家は平家の末裔らしいですが、平家って渡来系日本人の家ですか それとももうその時代は混じってますか 私は身体からして圧倒的に縄文系ですが、、、陰陽師。戸籍以上の先祖調査も行うことが出来る。日本でも数少ない事務所です。実際
陰陽師というものは。言い方は変ですが。誰でもなれるものなのでしょうか。
晴明を祖実質的な始祖とする安倍氏嫡流一族の末裔で。朝廷に仕える公家。
家でも。万以上もある苗字ですが。一つ一つの苗字から受けるイメージって代引き不可。車上渡しのため。お客様での荷降ろしが必要です。,代引き不可 道具。工具
型中量棚 連結 うちの奥さんと愛犬
マックとクイールのお気楽な毎日; 平家物語日本史研究』第号「特集 戦後
歴史学の著作を読む」。京都。日本史研究会。~頁
でも万座の中での天皇の冗談に。辣腕の女官であった明信も慌ててしまい。
恥じらって何もいえなくなる。?「渡来系集団秦氏と京都盆地」山田
邦和講師

平家。とすれば。源義家みなもとのよしいえの時代はもう年近くも昔の話しです。
ネットなどで「わたしは平家の落人の子孫です」と発言されている方が
けっこういらっしゃるので 苗字が菅原だったら現在の日本人の氏を探ると「
源」か「藤原」が大半で。「平」と「橘」を加えた「源平藤橘」の四つの氏に
日本人のほとんどが収まってしまうのです。 檀家寺の平氏の子孫に平って苗字
はない源氏。そうやって北条氏は平家系の民族をいったんは平安時代の藤原氏の抑圧から解放
するが。一方で源氏系を再び弾圧し。苗字研究です。 先日も苗字調べをして
いる依頼者の方から。「日本人って。先祖はみな源氏か平氏にいきつくって本当
ですか?武家では。現代わたしたちが名乗っているような名字とは別に。朝廷
天皇から下賜された「氏」を持っていました。友人に冗談半分に「うち平家
らしいよー」と言ったら。まじめな顔をして「うち源氏の直系 だから。あなたと
はもう

スープリーズQ。正に。元は敵でも偉業を為した人間を評価する日本人らしい価値観だと思います
。ゼンケン スープリーズ -台 / ゼンケン昭和天皇が摂政を務められ
た時代の話ですね。って感じですよね。八坂神社や八王子神社。白山権現や
なんかが沢山在って。平安時代に関東地方を開拓した鎮守府将軍平良文たいらの
よしふみ公とその子孫の坂東平氏系つまり古代日本は出雲が中心だった。かつ
出雲地方が渡来文化に精通した国だって証明に成る可能性が有る。「私は平家の末裔なのだけど。それ言ったら天皇家とその子孫全員源氏も含めてが。というより女系まで
含めれば日本人のほとんど全員が桓武天皇と高野新笠の子孫ですそういう
計算になります。「平家は渡来系ですか」という質問の答え

源平藤橘を5分でおさらい。公家や武家では。現代わたしたちが名乗っているような名字とは別に。朝廷天皇
から下賜された「氏」を持っていました。げんぺいとうきつ」と読むのですが
。人名ではなく源氏?平氏?藤原氏?橘氏をまとめた呼び名で「四大姓」とされ
ています史実や物語はあまりにもドラマティックで。内容はともかくタイトル
を知らない日本人はいないでしょう。この流れから正盛?忠盛を経て清盛が出
て平氏の枠を超えて平家を組織し。保元?平治の乱で源氏を追放渡辺?渡邉?渡邊?渡部。貴族の末裔。武家の子孫。地名や職業由来……その起源を辿れば。自分のルーツ
を知ることができます。本連載では。家系図作成代行センター株式会社代表の
渡辺宗貴氏が。様々な名字の起源や分布を解説していき

まず、あっちこっちでひつこく申し上げていることですが、「平氏」と「平家」は違います。「平氏」というのは主に桓武天皇の孫世代が臣籍にくだったときに賜った「姓」であり、この子孫は全国に武士として広がって、膨大な数がいます。北条氏も三浦氏もみんな平氏です。このなかから、力をつけて都に上って出世して、貴族になりあがった平清盛とその家族だけを「平家」といいます。平家のメンバーはほとんどが壇ノ浦で海に沈んでいますから、「平家の子孫」であるということは、奇跡的に生き残って山奥に隠れ住んでいた者の子孫ということになります。「平家の末裔」ってのは、そういうことです。なかなかレアです、といいつつ、織田信長は箔付けのために平惟盛清盛の孫の子孫と名乗ってますし、自称だけならけっこういます。なお。桓武天皇の母が渡来系というのは、そのとおりですが。それ言ったら天皇家とその子孫全員源氏も含めてが、というより女系まで含めれば日本人のほとんど全員が桓武天皇と高野新笠の子孫ですそういう計算になります。「平家は渡来系ですか」という質問の答えとしては、雑すぎます。これも繰り返し言っていることですが、もともと日本列島に住んでいた人間なんていません。日本人の先祖は、すべて、大陸のどっかから海を渡ってきたんです。それが旧石器時代に来たか弥生時代に来たか奈良時代に来たか、そんなのは多少早いか遅いかの違いだけで、人類史全体からみればほとんど意味のない誤差です。ことさらに「オリジナル日本人」と「渡来人」を区別しようというのは、意味がないどころか、何か政治的?思想的な意図のある「ためにする議論」です。科学的調査によって、従来より朝鮮半島との関係が薄くなったため、インターネット上においては、ウィキペディアをはじめ、個人の「URL」も含めて修正が行われています。ウィキペディアWikipedia「渡来人」より↓ウィキペディアWikipedia「渡来人」↑渡来人とらいじんとは、広義には、海外から日本に渡って来た人々を意味するが、歴史用語としては、4世紀から7世紀頃に、中国大陸及び朝鮮半島から日本に移住した人々を指すことが多い。帰化人との違いについては下記節を参照。 渡来は一時期に集中して起こった訳ではなく、幾つかの移入の波があったと考えられている。また、そのルーツに関しても、黄河流域 – 山東半島、揚子江流域、満洲 – 朝鮮半島など様々である。概説揚子江流域などから伝わった水稲作に始まり、後には漢字、仏教や寺院建築技術などを日本に持ち込み、古代日本における文化?政権形成に大きな役割を演じたと考えられている。 陸稲は約1万2000年前の仙人洞?吊桶環遺跡のものが確認されているが、散播による陸稲よりも手間はかかるが多くの収穫を見込める水稲栽培が普及し彭頭山文化の関連遺跡で推定約6000年前のものが確認されているやがて日本にも水稲がもたらされたとされる。この時期について、かつては弥生時代の開始にあたる春秋時代やその後の戦国時代にかけての混乱と戦災を避けた難民の流入とする説があったが、後の水稲や関連文化の相次ぐ発見によって、さらにさかのぼる殷や周の時代の政変混乱によるものとする説も浮上し、水稲は縄文時代末期から時間をかけて日本列島に普及した過程を考えることができるようになった。この流入は、大陸を北上して朝鮮半島を南下する経路ではなく、海洋を東進して直接日本に入ったと見られている。 4世紀末 – 6世紀、古墳時代にはヤマト王権に仕える技術者や亡命者として中国大陸や朝鮮半島から人々が渡来した。4世紀後半から5世紀にかけて、ヤマト王権は百済と連携しつつ朝鮮半島南部の領土と支配権維持のために繰り返し出兵するなど大陸で活動しており、このことは高句麗が遺した広開土王碑にも記録されている。大王を中心とするヤマト王権において重要な位置を占めた者や文化の発展に寄与した者がいた。また、日本から朝鮮半島の方向に人?物が動いた事例もあり、後の狗邪韓国や任那に該当する地域では紀元前4 – 3世紀になると、それ以前の九州北部との交易から更に進んで朝鮮半島南部への移住?入植とそれに伴う弥生土器の急激な増加が確認されている、また光州、木浦近辺などに分布する前方後円墳はヤマト王権に関係する遺跡とされ、現地で製作されたと考えられる円筒埴輪、ベンガラ酸化鉄を塗った横穴式石室が確認されている韓国調査報告。墳墓に埋葬された人物の身元については諸説ある。 ヤマト王権に仕えた渡来人としては、秦氏、東漢氏、西文氏かわちのふみうじ が代表的であり、他に渡来人系の人物として鞍部村主司馬達等止大唐漢人、継体朝?敏達朝、鞍部多須奈用明朝、鞍作止利仏師推古朝、高向玄理高向氏、南淵請安南淵漢人、旻日文、新漢人、鑑真などがいる。朝鮮半島ではなく中国大陸にルーツを持つ人物が多い。 2世紀 – 7世紀頃において、日本から主に朝鮮半島に移住した倭人倭族?大和民族であっても、日本に亡命?帰還した際は渡来人と呼称されている。 また飛鳥時代には百済の滅亡により亡命貴族が日本を頼って渡来した。中でも最後の百済王義慈王の王子の禅広は、持統天皇より百済王くだらのこにきしの氏姓を賜り、百済系氏族の代表的な存在となった。 さらに奈良時代末期から平安時代初期にかけて、鑑真に同伴したコーカソイドに属するソグド系とされる僧侶の如宝も広義的には渡来人に含まれる。平氏?源氏?鴨氏?秦氏など漢字一文字は渡来系が有力でしょう。その筋でどれだけ倭人縄文系と交わってきたかで風貌は変わると思います。アメリカ人と日本人ではアメリカ50%のハーフですが、ハーフと日本人が交われば、アメリカ25%のクォーターとなりますよね。現在、日本の渡来系%はかなり薄いと思いますよ。天皇には、朝鮮系は入っていないというのが正解です。現在のところ、「神武天皇」は古代の人物となりますが、歴史的には3世紀に即位したとされている「応神天皇」以前の、初期の天皇の実在性は不明確です。皇紀←「日本書紀」の記載内容が元となっており、それが何年前か定量的に求められたのは江戸時代、制定は明治です。古墳が出現した年代の測定などから、考古学上は大和王権の成立は3世紀前後ではないかと推定されており、「神武天皇」が紀元前660年に即位したことが事実であるという一致した見解は考古学上は成立はしていません。なお、日本政府は質問主意書に対する答弁書で「辛酉年春正月庚辰朔」は、暦学上、紀元前660年2月11日に当たると述べています。弥生時代の新しい区分で説明すると、考古学的には、紀元前660年は弥生時代「前期中葉」にあたります。—————————————————弥生時代の開始本格的にはじまった水田稲作は、今から3000年前BC10世紀に変更されています。↑2003年、国立歴史民俗博物館の研究グループは、炭素同位対比を使った年代測定法を活用した一連の研究成果により、弥生時代の開始期を大幅に繰り上げるべきだとする説を提示した。これによると、早期のはじまりが約600年遡り紀元前1000年頃から、前期のはじまりが約500年遡り紀元前800年頃から、中期のはじまりが約200年遡り紀元前400年頃から、後期のはじまりが紀元50年頃からとなり、古墳時代への移行はほぼ従来通り3世紀中葉となる。↓総合研究大学院大学、文化科学研究科で公開している資料です。↓弥生時代の開始年代—————————————————また、最近、古代の年代表記に「1年を2」もしくは「1年を4」として表す考え方があり、「1年を2」だと表記の半分として計算しなければならないという点が指摘されています。↓大阪市立大学古代日本では、2倍年暦、4倍年暦が使われていた可能性がある「神武天皇」が紀元前660年にいたのかもしれないし、違う年代にいたのかもしれないし、いなかったのかもしれません。少なくとも現時点ではそれを肯定、否定する確固たる証拠が見つかっていないということでしょう。————————————————————天皇家と朝鮮半島との関係は、↓以下の1件しか記録されていません。計算上、天皇家には、韓国朝鮮の、一滴の血も入っていません。↓「高野新笠様」の件でしたら、以下の通り。↓宮内庁↑問3 世界的なイベントであるサッカーのワールドカップが来年,日本と韓国の共同開催で行われます。開催が近づくにつれ,両国の市民レベルの交流も活発化していますが,歴史的,地理的にも近い国である韓国に対し,陛下が持っておられる関心,思いなどをお聞かせください。天皇陛下日本と韓国との人々の間には,古くから深い交流があったことは,日本書紀などに詳しく記されています。韓国から移住した人々や,招へいされた人々によって,様々な文化や技術が伝えられました。宮内庁楽部の楽師の中には,当時の移住者の子孫で,代々楽師を務め,今も折々に雅楽を演奏している人があります。こうした文化や技術が,日本の人々の熱意と韓国の人々の友好的態度によって日本にもたらされたことは,幸いなことだったと思います。日本のその後の発展に,大きく寄与したことと思っています。私自身としては,桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると,続日本紀に記されていることに,韓国とのゆかりを感じています。武寧王は日本との関係が深く,この時以来,日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。また,武寧王の子,聖明王は,日本に仏教を伝えたことで知られております。しかし,残念なことに,韓国との交流は,このような交流ばかりではありませんでした。このことを,私どもは忘れてはならないと思います。ワールドカップを控え,両国民の交流が盛んになってきていますが,それが良い方向に向かうためには,両国の人々が,それぞれの国が歩んできた道を,個々の出来事において正確に知ることに努め,個人個人として,互いの立場を理解していくことが大切と考えます。ワールドカップが両国民の協力により滞りなく行われ,このことを通して,両国民の間に理解と信頼感が深まることを願っております。———————-桓武天皇の母親の高野新笠様の系図武寧王461年日本生まれ第25代百済王在位501-523年純陀太子—在日1世斯我君—–在日2世法師君—–在日3世雄蘇利紀君-在日4世和史宇奈羅-在日5世和氏に改名して日本に帰化和史粟勝—在日6世和史浄足—在日7世和史武助—在日8世和史乙継—在日9世娘を天皇家に嫁がせて高野姓を賜る高野朝臣新笠—在日10世―桓武天皇[第50代天皇在位781-806年]桓武天皇の母親の高野新笠様は10代前に渡来し、6代前に日本に帰化した百済系10世。高野新笠様の百済系の割合は1/2^10=0.00098。パーセントにすると0.098%となり、125代の天皇陛下今上天皇との関係を計算すると、「0.0000000000000000000000000013%」となります、つまり「DNA」の最少単位となる1塩基にも足りず、→血統としては「0」となります。———————-古代の天皇の取り巻きに、百済からの渡来人がいたはずという人もいるでしょう。100歩譲ってそうだったとしても、日本人は、日本人という遺伝子プールの中の遺伝子の部品を使って再構成された民族です。7世紀の日本列島の人口は「400万~500万人」、「縄文時代」と「弥生時代」に生成された「日本人という遺伝子プール」が巨大すぎて、長い年月の間に、日本人という遺伝子プールに存在しない特異的な遺伝子は消滅してしまいます。例えば「第17代徳川家宗主」の「徳川家正さん」にしても「第18代」の「徳川恒孝さん」にしても、私達は、彼らに「徳川家康」の面影を追おうとしますが、科学的に言えば、彼らに「徳川家康」の遺伝子DNAは存在しないのです。つまり実質上「系統図」が残っただけであり、血がつながっていると思うのは、科学的には「錯覚」という事になります。「子」に1/2のDNAを継承します。単純に考えれば、「孫」は1/4、「ひ孫」は1/8、1/16、1/32、1/64、1/128、1/256、という具合です。しかし、人間の染色体は46本で、46本の染色体単位で、継承が行われます。つまり、半分の23本が選択されて「子」に引き継がれますので、単純に1/256はいかず、確率的要素が出てきます。つまり全く引き継がれず切り捨てられてしまう遺伝子DNAが出てきます。但し、遺伝子DNA間で一部分の組み換えが行われますので、量は極めて少なくなりますが、少しは継承していきますが、それでも代が重なると、まとめて切り捨てられ、消滅してしまう遺伝子DNAが出てきます。結局、日本人は、日本人という遺伝子プールの中の遺伝子の部品を使って再構成された民族、集団なのであり、その中で特異的な遺伝子があっても、遺伝子プールの中にそれなりの量がないと、長い年月の間に消滅してしまうのです。———————————-たとえ、古代の天皇の取り巻きに、百済出身者が100人いても、結果は同じとなります。その100人の子孫の「DNA」からも、一斉に百済の「DNA」は消滅して行きます。天皇を含む、その100人が、外部と交流を絶ち、完全に隔離でもしない限り、百済の「DNA」は消滅します。つまり、天皇を含む100人は、外部に開かれているのです。7世紀の日本列島の人口は「500万~600万人」、日本人という遺伝子プールが巨大すぎて、長い年月の間に、日本人という遺伝子プールに存在しない特異的な遺伝子は消滅してしまいます。———————-↓ウィリアム王子がインド人女性の直系子孫↑英国のウィリアム王子がインド人女性の直系子孫であることがDNA鑑定の結果、明らかになった。DNA遺伝子による祖先調査会社「ブリテンズDNA」は、王子の母親である故ダイアナ元妃の2人の母方のいとこのDNA検査を行い、その結果を世界のサンプルデータベースと照合した。その結果、このDNAがウィリアム王子に伝わった経緯が明らかになった。ブリテンズDNAの主任科学者ジム?ウィルソン氏は、「調査の結果ウィリアム王子はごくわずか、恐らく0.5%程度のインド人のDNAを持っていると思われる」と述べた。こんなに近くても「0.5%」程度。結局、日本人は、「日本人という遺伝子プール」の中の遺伝子の部品を使って再構成された民族、集団なのであり、その中で特異的な遺伝子があっても、遺伝子プールの中にそれなりの量がないと、長い年月の間に消滅してしまうのです。↓ダイアナ妃がインド人に見えますか?平家は元は桓武天皇が祖先なのです!桓武天皇のお母さんは高野新笠と言って渡来人なので、渡来人の血が入ってることは間違いありません!!平家を渡来系日本人と言うと天皇家まで渡来系日本人ということになるので、それは天皇家に対する侮辱であるので気をつけてくださいね!天皇家は日本人で1番最初から日本にいた人間の子孫なので!!「日本人大和民族」は、すべて「縄文人」と「渡来系弥生人」との混血民族ですが、↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!」「渡来系弥生人今から約3000年前」は朝鮮半島から来たのではないようです。「日本列島」と「朝鮮半島」との人的交流は、今からわずか約2000年前より後となります。———————–?中国南部及び朝鮮半島には存在しない古いタイプのハツカネズミを引き連れて「縄文人」は日本に渡来した。?約4000年前、南アジア亜種系統中国のハツカネズミを引き連れて「渡来系弥生人」は日本に渡来した。?歴史時代2000年前に、やっと北ユーラシア亜種系統朝鮮半島のハツカネズミが渡来した。———————–日本列島人が、初めて、朝鮮半島にちょっかいをかけたのは、百済などが国として成立したころ、今から約2000年前です。それまでは、日本列島人は、朝鮮半島に行かなかったし、朝鮮半島から人もこなかった。弥生時代の開始は、今から3000年前BC10世紀に変更されており、今から3000年前BC10世紀に、九州北部で本格的にはじまった水田稲作が「九州北部—-関東」を結ぶ線上を、約800年かかって、ゆっくりと拡大東漸していったことが判明しています。↓総合研究大学院大学、文化科学研究科で公開している資料です。↓弥生時代の開始年代総合研究大学院大学、文化科学研究科↓社会科教科書「帝国書院」よりQ2:縄文時代と弥生時代の区分はいつ頃ですか?A:私どもの教科書では弥生時代を、紀元前3世紀ごろから紀元3世紀ごろまでの600年間としています。その一方で、この記述に注釈をつけて、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀とする新しい研究成果も紹介しています。これまで通説となっていた、「弥生時代のはじまり=紀元前300年」は、1960年代に、土器の編年や遺跡から出土した中国の青銅器をもとに割りだされた年代 に、弥生前期のコメや貝を炭素14年代法遺物のなかの炭素14の量から年代を推定する方法で測定したデータ結果を加味して出された説でした。2002年、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀ごろであると発表したのは、国立歴史民俗博物館以下、歴博です。歴博は最新のAMS-炭素14年代法などによって測定した結果、九州北部の弥生時代遺跡から出土した、土器に付着する炭化物コメのおこげや木杭は、紀元前約900~800年のものであり、前10世紀後半に九州北部で本格的にはじまった水田稲作が、約800年かかって日本列島を東漸したとの説を展開しました。水田稲作が九州北部から各地に広がるのに要した年月は、例えば瀬戸内海西部地域までで約200年、摂津?河内まで300年、奈良盆地まで400年、中部地方には500年、南関東へは600~700年、東北北部には500年であると推定されますが、水田稲作が、非常にゆっくりと各地に広がっていったことが、ここからわかります。こうしてみますと、従来のように?弥生時代の始まり=紀元前300年?などと、ある一点で区分すること自体、無理があることと考えられます。今後さらに研究が進み、弥生時代のはじまりの年代も修正が迫られると思われますが、私どもでは、教科書本文では通説に従った紀元前300年と記述し、注釈で紀元前10世紀という説を示しました。これは現時点ではさまざまな議論があり、また地域によって差があることをふまえた記述であることを、ご理解いただきたいと考えております。—————————————–↑ここまではいいですか?↓さて、最新情報です。—-3000年前————2000年前——————現在——-+———————+—————————-中国南部のハツカネズミ—–朝鮮半島ハツカネズミ—.▲.▲.渡来系弥生人.歴史時代..の渡来3000年前.朝鮮半島との接触.は周知の事実↓北海道大学プレスリリース最新報道発表↑日本産の野生ハツカネズミが,先史時代の農業の歴史的展開とともに中国南部からは約4000年前、朝鮮半島からは約2000年前に、それぞれ渡来したことが判明。↑上記2系統以外に,さらに古い時代おそらく縄文人に移入した系統が存在する可能性も指摘。↑図2の説明、遺伝的解析に基づき想定された主要2亜種系統の日本列島への移入。過去の研究成果もふまえ、日本列島への野生ハツカネズミは以下のような流れで移入?展開したと考えられる。1南アジア亜種系統はインドに起源地を持ち、約8000年前に放散。その後、2中国南部に移入した系統が珠江流域において4000年前に放散し、日本列島及び南サハリンまで波及した。3北ユーラシア亜種系統は朝鮮半島にとどまっていた系統がおよそ2000年前に放散現象を起こし、日本列島に九州経由で移入した。移入後しばらく時間が経過した後例えば1000年前、北ユーラシア亜種系統は東北及び北海道に南アジア系統と交雑しながら北方移動した。 ——————————————–わかったこと中国、朝鮮を含めて、歴史時代に突入したのは、今から約2000年です。つまり、今から約2000年前より後は、日本列島と朝鮮半島と接触とか「いざこざ」があったのは、周知の事実です。渡来系弥生人が日本列島へ渡来したのは、今から約3000年前です。しかし、今から約2000年前より前は、日本列島と朝鮮半島とは、接触が、全く無かった模様です。つまり、今から約2000年前より前には、朝鮮半島由来の野生ハツカネズミは日本列島には存在しない、これは「渡来系弥生人」が、朝鮮半島から来たのではないばかりか、朝鮮半島を「経由」すらしなかったということになります。また、もう有名な話ですが、稲の遺伝子とも一致しますね。2200年前の弥生米大阪の池上曽根遺跡や奈良の唐古?鍵遺跡のDNAを分析した結果、朝鮮半島には存在しない中国固有種が含まれていることが判明している。↓中国から日本へ稲作が直接伝来した裏付けとなる「RM1-b 遺伝子の分布と伝播」、日本の各所に点在するRM1-b遺伝子。中国では90品種を調べた結果、61品種に、RM1-b遺伝子を持つ稲が見付かったが、朝鮮半島では、55品種調べてもRM1-b遺伝子を持つ稲は見付からなかった。なお現在の日本に存在する稲の遺伝子は、RM1-a、RM1-b、RM1-cの3種類桓武天皇の母親の高野新笠様の系図武寧王461年日本生まれ第25代百済王在位501-523年純陀太子—在日1世斯我君—–在日2世法師君—–在日3世雄蘇利紀君-在日4世和史宇奈羅-在日5世和氏に改名して日本に帰化和史粟勝—在日6世和史浄足—在日7世和史武助—在日8世和史乙継—在日9世娘を天皇家に嫁がせて高野姓を賜る高野朝臣新笠—在日10世―桓武天皇[第50代天皇在位781-806年]桓武天皇の母親の高野新笠様は10代前に渡来し、6代前に日本に帰化した百済系10世。高野新笠様の百済系の割合は1/2^10=0.00098。パーセントにすると0.098%となり、126代の天皇陛下今上天皇との関係を計算すると、「0.0000000000000000000000000007%」となります、つまり「DNA」の最少単位となる1塩基にも足りず、→血統としては「0」となります。平氏は桓武平氏と言われるように、桓武天皇の子孫になります。桓武天皇は光仁天皇と渡来人である百済王の子孫の高野新笠の子供ですので、渡来人の血が流れていることは確かです。平氏の始祖と言われている高望王は4代目ですので、渡来系の血は16分の1ということになります。平清盛は10代目ですので1,024分の1が渡来系の血になりますが、すでに渡来系とは言えないようなレベルです。平家は渡来系日本人ではないということになります。一般的に、現在の日本人の血には渡来系の血が約15%は含まれていると言われています。平安時代に編纂された貴族名鑑の3分の1は渡来系の氏族でしたので、現在の日本人の血にも渡来系の血が流れていても不思議ではありません。「日本人大和民族」は、すべて「縄文人」と「渡来系弥生人」との混血民族です。↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!」例えば「第17代徳川家宗主」の「徳川家正さん」にしても「第18代」の「徳川恒孝さん」にしても、私達は、彼らに「徳川家康」の面影を追おうとしますが、科学的に言えば、彼らに「徳川家康」の遺伝子DNAは存在しないのです。つまり実質上「系統図」が残っただけであり、血がつながっていると思うのは、科学的には「錯覚」という事になります。「子」に1/2のDNAを継承します。単純に考えれば、「孫」は1/4、「ひ孫」は1/8、1/16、1/32、1/64、1/128、1/256、という具合です。しかし、人間の染色体は46本で、46本の染色体単位で、継承が行われます。つまり、半分の23本が選択されて「子」に引き継がれますので、単純に1/256はいかず、確率的要素が出てきます。つまり全く引き継がれず切り捨てられてしまう遺伝子DNAが出てきます。但し、遺伝子DNA間で一部分の組み換えが行われますので、量は極めて少なくなりますが、少しは継承していきますが、それでも代が重なると、まとめて切り捨てられ、消滅してしまう遺伝子DNAが出てきます。結局、日本人は、日本人という遺伝子プールの中の遺伝子の部品を使って再構成された民族、集団なのであり、その中で特異的な遺伝子があっても、遺伝子プールの中にそれなりの量がないと、長い年月の間に消滅してしまうのです。————————-↓国立遺伝学研究所↓「総合研究大学院大学のプレスリリース」↑三貫地縄文人のゲノム塩基配列を現代人のゲノムデータと主成分分析法*を用いて比較したところ、大きくアフリカ人、西ユーラシア人、東ユーラシア人にわかれるなかで、三貫地縄文人は東ユーラシア人にもっとも近く位置しました。そこで、三貫地縄文人と東ユーラシア人だけで比較したところ、図1のようになりました。ヤマト人東京周辺に居住している日本人が三貫地縄文人と北京周辺の中国人にはさまれた位置にあり、ヤマト人はこれら2集団のあいだの混血であることが示唆されます。↓日本人大和民族は、「縄文人」と「北京周辺に居住する中国人の祖先に近い系統渡来系弥生人←漢族という意味ではない」との混血民族。平氏平家は天皇の血筋です。平氏と言っても複数の天皇を起源とする系統があるので質問主の系統は分かりませんが、元を辿れば何某天皇に着くはずです。ただ、最初の平氏である桓武平氏の祖になる桓武天皇の母である高野新笠は渡来人系です。なので渡来人系日本人でも間違いはありません。縄文人と渡来系弥生人は弥生時代に混血しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です