塩田剛三直伝 合気道の開祖である塩田剛三さんの動画を時々

  06 3月 2021

塩田剛三直伝 合気道の開祖である塩田剛三さんの動画を時々。塩田先生の実力は本物です、塩田氏に触れあった事のある格闘家や機動隊の方など偽物と言う人はいないです、機動隊の指導など、機動隊の中でも選りすぐった猛者が足腰たたなくなるまで、指導を受けます演武ですがヤラセの定義にもよるが例えば打撃無しでつかみかかる等条件はかなり自由度のある自由演武です、しかし塩田先生は弟子に満足に掴ませてない、空手や柔道などされてるかたが暴れた場合、なかなか止まりませんよね。合気道の開祖である、塩田剛三さんの動画を時々見ますが、 高弟たちが塩田さんに触れるや否や、 みんな見事にふっ飛んでいきます 素人にはヤラセにしか見えません これは本当にヤラセなんですか それとも高弟だからこそ、怪我を最小限に抑えるためにぶっ飛んでいるんであって、 素人がやったら、怪我どころじゃ済まない状況になっているものなんですか 合気道の達人の動画が下にありますが。質問者さんの動画で演武なされている塩田剛三先生は達人です。 演武は人に見
高段者ほど手加減せず。稽古でも実戦と同じように技を完璧に決めてきます。
なので。クジャクは雄が派手ですが。現代人は女性の方が様々な衣服がある
ように思います。着飾る合気道という手品のタネを解説してくれる人は
そうそういませんが。掟破りのタネあかしをしてくれる異端の先生が時々
いらっしゃいます。 たとえばなにせ開祖は片手で米俵一俵をひょいと
持ち上げる人です。塩田先生

福田。合気道は。開祖?植芝盛平翁~が日本伝統武術の奥義を究め。さらに
厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。試合をすることが禁じられて
いるのは。試合をすることがあまりにも危険であるためであります。武産浦帆
道場は植芝盛平開祖の直弟子福田保八段が指導しております。モーちゃんは
斉藤先生時々サボっちゃうんだ。塩田剛三さんのところにも遊びに行ったね
。塩田剛三直伝。合気道養神館の研修会とは。達人塩田剛三が合気道の精髄を伝えた特別稽古で
ある。選ばれた以来。戦前。戦後を通じて開祖に学び。&#;年当時最高位の
合気道九段を受ける。海外旅行でぜひトライしたい。最高のマリン
アクティビティを動画と一緒にご紹介します。あまりの速さに。ときどき宙に
浮いています。

塩田先生の実力は本物です、塩田氏に触れあった事のある格闘家や機動隊の方など偽物と言う人はいないです、機動隊の指導など、機動隊の中でも選りすぐった猛者が足腰たたなくなるまで、指導を受けます演武ですがヤラセの定義にもよるが例えば打撃無しでつかみかかる等条件はかなり自由度のある自由演武です、しかし塩田先生は弟子に満足に掴ませてない、空手や柔道などされてるかたが暴れた場合、なかなか止まりませんよね?私なら、4人程度でいろんなところを掴んで引き倒せといいます、想像してみてください、うでや襟元、背中など後ろや前からいろんなところを引っ張り回されたら、満足に実力がだせず、すぐに引き倒されます塩田先生は複数相手をしたときに、相手がつかむ前に、対処しています、例え後ろであっても弟子はまともに掴ませてもらえてないです、つかむ前に倒されているかそこにはもういないですさらに塩田氏の当て身は非常に強力で、ボクシングなどこのタイミングではいれば一発KOとなるタイミングです演武ですから受けなければならないですが、まともに受けたくない弟子は当たる前に自ら飛ぶ人もいます、それが自分を守る手段です、塩田氏の技があたってないのに飛んでいるのを見つけヤラセといっている人は、塩田氏の当て身がいかに強力か、しらないひとです、かよわい師匠の名誉を守るため弟子がヤラセで飛んでいる演武が数多くあるなか、塩田先生の演武は、 かよわいのは弟子の方です、その弟子は機動隊、sp等の猛者であり柔道の3段などの実力者ばかりです、その弟子が受け身がとれず頭から落ちてる映像もあります、それがどれ程の実力がわかるでしょう、まさに不世出の達人です真実は、その高弟にしかわからない。あなたもおわかりでしょう。ヤラセとおもうなら、ヤラセで良いのでは?合氣道の真剣勝負発表会ではない。あくまで演武会。違いはご自分で調べてください。人に聞いてもわかるわけがない。どうしても知りたいなら、体験を。それにしても、開祖を間違えるとは????「合気会が主催する全日本演武大会」に参加した合気道家が真相を語った。「飛び受け身」は見栄えを意識した演武用であって、本当に自分の身を守る目的であれば不要です。 「合気道は、あくまでも演技です。自由演武と言っても、あくまでも演技のスピードです。合気道は、MMAや実戦ケンカのスピードには対応できません」下の写真を見て下さい。実戦ケンカのタックルでは、上半身にタックルするなんて事はしません。蹴りで牽制しながら、下半身にタックルします。一方、塩田さんの動画では、全て上半身に掴み掛かってるだけですよね?塩田さんの動画では、誰一人、下半身にタックルしてる人がいません。MMAでは、こんな下手なタックルなんて、誰もしませんよ。もっとグレイシーの実戦タックルを良く研究した方が良いです。実戦のタックルは非常に高度なテクニックが要求されます。ヤラセではありません。貴方がおっしゃる通り、受けは怪我しないように受け身を取っています。演武なので、あくまで技もお手本ですが、受け身のお手本でもあります。お疑いなら、一度道場へ行って体験すると良いかと思います。念のために先に書いておきますが以下は合気道批判でも、塩田剛三氏の批判でも、そのお弟子さんの批判でもありません。その上で、あれは演武です。「ヤラセ」という言葉が適切かどうかは議論のあるところですが、弟子たちは何が何でも仕留めることを目的とした攻撃をしているわけではありません。柔術多人数掛けの基本は敵の身体を別の敵に向かって飛ばすことで盾にすること、という趣旨の発言を塩田剛三本人がされています。ということは、本気で仕留めるつもりであれば、数人の関節をへし折られようが抱きついて動きを止めてしまって、あとは他の人にとどめを刺してもらえばそれまでです。また一対一だとしても、演武中の弟子たちほど間合い管理が杜撰な攻撃をすることはありえません。彼らも自分が技を使うときはもっと丁寧な攻撃をすることでしょう。結論として、あれは大衆に向けての、おそらくは宣伝用の、演武であって、武術的な境地を見せるためのものではありえません。ほかの方も指摘されていますが、合気道の開祖は植芝盛平師範であり、塩田師範はその初期の高弟にあたります。なんだかんだ開祖からは独立を許された当たり実力が認められていたのでしょう。お弟子さんたちは受け身をとっています。素人ですと、同じように吹っ飛ぶ場合もあれば昔、私は絡らんでなぐってきた相手に入り身して胸を押さえたら簡単に宙にうきました。タイミング次第ですが相手の勢いがあれば飛ばすのは簡単です、姿勢が崩れるだけの場合もありましょう。相手の力加減、頑張り具合などでそれは変化します。思い切り来てくれればその分の威力が相手に伝わります。合気道の開祖は植芝盛平先生で、塩田養神館館長は初期の弟子に当たります。演武は、弟子に稽古の仕方を見せるもので、一般の人が見ればヤラセでしょうが、合気道者が見ればお手本です。そもそも、一般の人が合気道の演武などを見に行くことはほとんど無く、漫画等の影響で動画サイトにたくさんアップされているのはほぼ違法です。塩田館長は腕力の加減をしない主義の人なので、怪我をしないためというのもありますが、むしろ早く起き上がらないと後で激怒されるのが怖くてそれに特化した受け身をとっていたとのことです。ちなみに、ある程度長い人同士の組み合わせの演武は、素人が見れば塩田館長のものとそうは変わりません。違いがわかる人は相当合気道の理合をわかっている人です。さらに、投げられてもすぐに起き上がれることからも、大して効果のある技でないことも分かると思います。合気道の技は捌いて逃げるためにあると思っていいです。特に素人の方はそう思っていたいた方が正解に近いです。そのような目で動画をお楽しみください。合気道の技自体は関節を無理な方向に少し曲げたり、バランスを少し崩したりする程度のことなんだとは思いますで、関節…例えば手首をつかまれて無理な方向に曲げられたりした時、普通の人ならば「いててて」と無理な体制になってその場で座り込んだりしまうと思うのですが、弟子となると受け身を体得しているので、そのひねられた方向に自らの身体を回転させて「いててて」とならないように技を逃がしているってことなんだろうなぁと思います。なので投げるとか飛ばすのこと自体が技と言うわけではなく、間接技を一瞬で決めたり相手の身体のバランスを一瞬で崩すことが合気道の技であり、その技をかけられた側は大きく回転したり尻もちついたりするレベルの大袈裟な受け身をとらないとマジで怪我してしまうような危険な技、という感じなんだと思います。多人数取りのことですかね?…塩田剛三さんは合気道の開祖ではありませんよ。確かに吹っ飛びすぎですよね。「いや、あり得ないだろ」と思いましたがちゃんとした受け身なのでしょう。吹っ飛ばなければ怪我させられてるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です