岡山の方言 岡山弁の言い回で有名なでーろのでーこんてーて

  12 3月 2021

岡山の方言 岡山弁の言い回で有名なでーろのでーこんてーて。まず、最初に、連続する母音が一つの音節に変化することを「連母音融合」と言います。岡山弁の言い回で有名な「でーろのでーこんてーてー(台所ある大根炊いいて)」神奈川の方言似たような表現あるようなので岡山弁関東寄りなのでょうか 編集部だより:。この本は。著者である料理研究家の女性たちが“娘時代に親しんだような活字中心
のレシピ本を現代に”というコンセプトで作られたまずひと晩水に浸けて水挽き
したどろどろの生地を作りまして。炒めた大根のせん切りや干し海老などの具を
混ぜます。なるほど慈城の年コウは真っ白で。四角く固めてあってちょっと
モチと似てますね。なお横杵を使って精白するには。臼でもち搗きの要領で搗
いてもよいのですが。唐臼というさらに進化した道具を用います。でーこん。でーこん てーてーてー」とは。「ダイコン炊いておいて」という意味の岡山弁
です。未だにそんな方言を使うのは。御年を召した方だけです!そんな「でー
こん大根」を渋谷の区民菜園に参加されている方から頂戴しました。 抜きた
てホヤホヤの綺麗で大きな大根でした。ポヨポヨ観察日記」の中では。ヒデが
「たでーまただいま」なんて言うせりふもあるので。使っている人はいる
のでせう。少しでも国産品を購入して下さるようになるといいなと思います。

岡山弁「てーてーて」は数え歌。おもしろ岡山弁「てーてーて」 岡山弁は備前。備中。備後。美作の各地方
によって 少しずづ異なりますちなみにこのブログの作者私は 岡山生まれ
ではないので。 記事???もう少しふみ込んで。「でーてーたでーこんてーて
ーて」になると。 「出しておいた大根を炊いておいてね」。となる。 うーーーむ
。 まるで数え歌のような軽やかさは。そう簡単には真似できません。 昔ながらの
日本家屋の台所で。頭に布巾をかぶった小柄なおばあちゃんが。面白い岡山弁。でも面白い岡山弁もあるので。本記事では「面白い岡山弁☆笑われちゃう方言の
セリフ選」をご紹介いたしますでーどころ」台所のこと。「でーこん」は
大根。「てーてーて」は炊いといて。という意味です。それぐらい有名で。私
は岡山弁を紹介するときは必ず使います。おえりゃーせん」はただ単に「
おえん」とも言います。①でーどころで。でーこんてーてーて; ②ぼっけー
きょうてー; ③おめえは。あんごうか; ④もんげーおいしい; ⑤材料が。みてた

岡山の方言。岡山弁の動詞絡みの規則性を調べていると岡山弁の一番の特徴が動詞の語尾に
あるのではないだろうかと思うようになりました。集まった方言を並べてみ
ますと南北に連なる備前?美作?鳥取の方言はかなり類似があるような気がし
ますし。東の播州方言と西のうだる」には「暑い」という意味は無いので「
ような」という比喩表現が「暑い」の前に不可欠。 寒かったけーでーこん
の葉がきっぽになっとった寒かったので大根の葉が凍り付いていた。

まず、最初に、連続する母音が一つの音節に変化することを「連母音融合」と言います。A.岡山弁の連母音融合です。①「あ?い」「あ?え」の連母音が「えー」<例>?だいこんdaikon→でーこん?おまえomae→おめー②「お?い」「お?え」の連母音が「えー」<例>?あおいaoi→あえー?かぞえるkazoeru→かぜーる③「う?い」の連母音が「いー」<例>?さむいsamui→さみー?あついatui→あちーB.関東弁の連母音融合です。①「あ?い」「あ?え」「お?い」の連母音が「えー」<例>?だいこんdaikon→でーこん?おまえomae→おめー?すごいsugoi→すげーなお、関東弁の連母音融合と同様のものは、あちこちの方言にも見られますので、岡山弁だけが関東弁に近いわけではありません。なお、岡山弁の連母音融合は関東弁よりも大分弁に近いと思います。<「大分弁」Wikipediaより>大分方言では以下の連母音融合が発生する。山間部の主に高齢層では、連母音融合により生じたイ段?エ段長音では、元の子音が保たれ、口蓋化が起こらない。また連母音融合によるe?、i?には、直前にwが挿入されることがある。 1.ai → e? 例:「辛い」→「カレー」、「浅い」→「アセー」「アシェー」、「挨拶」→「ウェーサツ」2.ui → i? 例:「明るい」→「アカリー」、「熱い」→「アティー」「アチー」3.ei → i? 例:「姪」→「ミー」※「警察」「英語」のような比較的新しい語では、eiのまま発音される。4.oi → i?。国東半島東部?県南部海岸部ではe?。 例:「黒い」→「クリー」「クレー」音便化の仕方が関東方言に似ているだけであとは似てないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です