座屈/大変形解析セミナー Abaqusの熱座屈解析につい

  06 3月 2021

座屈/大変形解析セミナー Abaqusの熱座屈解析につい。以下のHPが参考になると思います。Abaqusの熱座屈解析についてです

Abaqusの熱座屈解析についてご質問があります

私はAbaqusで、Buckleというプロシージャを用いて座屈固有値解析をしており、結果の画面には変形図とともに固有値(Eigenvalue)が表示 されます

はりの両端を固定して熱を加えると、はりに熱応力が生じるので、それによって引き起こされる座屈をシミュレーションするとともに、座屈が始まる際の温度(臨界座屈温度)を知りたいのです

しかし、表示される固有値からどのようにして臨界座屈温度を求めればよいのかが分かりません???

そもそも固有値から臨界座屈温度が求められるのかもよくわかりません???

アドバイスいただける方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します 4。本章は。/について記述していますが。/も基本
的な入力の規約は同じですので参考にして下さい。 /は。幅広い
種類の線形と非線形の問題を解くことができる汎用解析プロダクトで。構成部品
の静的。動的。熱。座屈荷重値を予測する為に用います。伝熱解析と熱応力
解析を行う時は。伝熱解析用要素と応力解析用要素が別々に用意されています。

座屈/大変形解析セミナー。座屈荷重と座屈後の挙動の把握は。自動車のエネルギ吸収装置や圧力容器。
あるいは飲料用のカンなどの構造物の設計においてきわめて重要です。この
セミナーでは。 / の座屈解析機能と大変形解析機能が詳しく説明
されます

以下のHPが参考になると思います。固有値が座屈荷重になるようですね。通常は1次の座屈が起これば構造破壊されるのでそれだけ考えればいいです。また、熱応力はその座屈荷重となる応力を求めればいいのでは?熱応力に断面積かければ力になるので計算できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です