日本における農業の発展 今でも『し尿』を使って野菜を栽培

  07 3月 2021

日本における農業の発展 今でも『し尿』を使って野菜を栽培。日本では禁止されているから存在しないでしょう。今でも『し尿』を使って、野菜を栽培している農家は、存在しますか 中国の有機農業ビジネス――現代の「四千年農夫」をめざして。中国国内でも。都市部を中心に農業や食品安全問題への関心は急速に高まった。
着実に拡大しているとはいえ。有機農業の栽培面積が世界の農用地面積全体に
占める割合はわずか%。一部の国を除いて国内が確立したのは。年に
日本向けに輸出された中国産冷凍野菜から基準値以上の残留農薬が検出された
事件を契機として。中国また。国外で中国への輸出向けに中国の有機認証を
取得している企業も存在し。年から年の間に社から社に増加して
いる。日本における農業の発展。生産額年でありながら。農業生産者は高齢化し。農業も毎年約%ずつ
縮小している。 日本の農業が直面してには億ドル同。実質でも 億
ドルと。世界で第位の規模となっている。 このように日本の農業は大きな産業
である。日本で生産されている作物と海外中国。米国。オランダを比べると
。特にコメと野菜の割合が大きい ことが顕著であるそれに伴い。リン酸肥料
を製造する世界のトッププレーヤーは北アフリカ。ロシア。米国に存在する
図表。

都会で行われている先進的な農業:農林水産省。&#; 農業 世界有数の巨大都市である東京や大阪などでも産業としての農業が
存在し。また都市住民の間に野菜などを作る動きが広がっています。ようです
。 さらに。ビジネスの世界でも。先進的な技術を導入して農業に積極的に
取り組む企業が現れています。江戸川区を通る東西線の西葛西駅から葛西駅の
間の高架下に造られた水耕栽培の工場は。日当たり株の生産能力があります
。 を

日本では禁止されているから存在しないでしょう。ただ、下水処理で出た下水汚泥由来肥料を使用している農家さんはいると思います。一般向けに流通させてはいませんので。直接の「し尿」ではありませんが、地方の自治体ではし尿を「液肥化」して使っている所が増えています。有機肥料であり、資源の再活用など色々な理由ある様です。直接の「し尿」の場合、どうしても臭いなど近隣への臭いなどの問題が解決出来ないらしいですが、液肥の場合かなり臭いが押さえられるそうです。但し、導入までに相当の費用が掛かり、その液肥を運ぶコストや受け入れる農家側の田畑が、ある程度の整備をされているなどの条件が揃う必要があるようですね。こちらの記事を参考にしてください。国土交通省は下水汚泥を発酵した肥料で育てた農作物など、「下水道発食材」の愛称を『じゅんかん育ち』に決定したと発表しました。農業生産には肥料が不可欠ですが、日本はその原料となるリン鉱石を全量輸入にたよっています。農業?食品に関わるリンの輸入量は年間56万トンに及びますが、リン鉱石の価格は、世界的な食糧需要の急増や主要産出国の輸出制限等により、この10年ほど乱高下が続いています。一方、国内の下水道には日本のリン輸入量の約1割にも相当するリンが流入しているとされますが、そのうちコンポスト汚泥肥料として利用されているのはわずか1割にすぎません。下水処理場には、肥料原料となるリンや窒素のほかにも、栄養塩を含んだ処理水、熱や植物の生長?光合成を促進するCO2二酸化炭素など、さまざまな有機物資源やエネルギーが集まっていますが、その利用は一部に限られています。国土交通省では、こうした下水道資源再生水、汚泥、熱、CO2等を農作物の栽培等に有効利用し、農業の生産性向上につなげようと、「BISTRO ビストロ下水道」の名称で取り組みを推進してきました。汚泥肥料は穀物や野菜栽培に幅広く使われていますが、ほかにも下水の再生水を使用した水稲、サトウキビ、水処理過程で発生する熱?CO2を利用したハウス栽培、水耕栽培、アオノリの養殖など、「ビストロ下水道」の取り組みと成果が北から南まで、全国に広がっています。人間のし尿として、「絶対に無い」と言え無いでしょうね。山間の田舎などでは、矢張りあると思いますが、「農家」と言えるかどうかです。農家と名称が付くからには、ある程度の収入が目的の栽培であろうし、家庭菜園程度ならば必ずはあると思いますよ。下水道水を処理したものは、一袋15kg?程を100円で販売しています。誰でもが購入出来ます。サラサラした砂粒状であり、使い勝手は良いです。先日に40袋を購入してきました。野菜類には使用しませんがね。でも、このような販売は、市町村により処理が変わりますので、牛糞堆肥の中に混入している所もあります。大多数が知らないだけです。只ね。本当はどうかは分かりませんが、下水処理品には重金属が有るとか無いとか。仔細に言えば必ずあると言えるでしょうし、人間に害が有るかどうかの問題ですね。れっきとした市営で処理?販売がされています。我が市では、隣接する市町村との共同施設で下水は処理され、処理した品は集団酪農施設に販売され、牛糞堆肥の中に混合されています。大阪の動物園が象の糞で拵えた肥料を、希望者に配布していた事がありますが。牛糞、鶏糞などは今でも市販されています。今はどんな農村でも下水道が整備されています。ない所もし尿は汲み取りされて処理されている。肥料として使用はできないのが実情。禁止されていなくてもね。都市部では田んぼも貸農園化。田畑に散布しょうものならたちまち苦情が殺到。迷惑条例が施行されているので悪臭も含まれる。化成肥料を使ったほうが衛生的にもいい。言って置くけど組みだしてすぐ肥料には使えません。一旦保管して発酵させないといけないので悪臭が迷惑行為に。中国や韓国は今でも糞尿栽培じゃないかな?生活に困窮していていれば、お金のかかることは出来ないと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です