水道民営化 水道が民営化されたら老朽化した水道本管工事は

  07 3月 2021

水道民営化 水道が民営化されたら老朽化した水道本管工事は。増えるか料金が上がるか現在も地域によって水道代が異なります民営化になったら都市部は良いですが地方の過疎地は厳しいと思います。水道が民営化されたら、老朽化した水道本管工事は増えて来ますか 改正水道法水道民営化とは。民営化されることで。自由化された電気やガスのように水道のあり方も変わって
いくことが予想されます。水道民営化が本格的になった際の考えられる
メリット?デメリット; 水道民営化で現在懸念されている問題点について; 実際に
現在使われている水道管路は。昭和年代ごろの高度経済成長期に整備された
ものが多く。老朽化が進行しています。世界に目を向けてみると。フランス?
アメリカ?ドイツなど。多くの国と地域で水道の民営化がされきました。水道民営化。高度成長期から整備が広がってきた水道管。2016年度時点で全国の約15%
が耐用年数の40年を過ぎ。漏水なども多発している。そうした老朽施設の
取り換えや耐震化の費用が膨らみ。自治体の事業経営を圧迫している。すでに
関西空港。大阪空港。仙台空港。浜松市の下水道事業などがこの方式で運営され
ている。しかしながら。海外で民営化した都市では料金の高騰や水質悪化が
相次ぎ。オランダの民間団体の調査では。2000~16年の間に

増えるか料金が上がるか現在も地域によって水道代が異なります民営化になったら都市部は良いですが地方の過疎地は厳しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です