理論年収とは 想定理論年収について 先日ある企業から内定

  07 3月 2021

理論年収とは 想定理論年収について 先日ある企業から内定。>その他のボーナス賞与等の内訳から給与をいくら減額しても、違法にはならないと基本的には違法です。想定理論年収について 先日、ある企業から内定を頂きました その際、オファーレターの年収額に、 『想定理論年収』という単語が記載されていました 初めて目にする単語な為、色々調べたのですが、 あくまで想定される最高額であり、 そこから評価、ボーナス等で引かれ、 場合によっては数十万?百万などの大幅な減額もあり得るとありました また、基本給が内訳の半分程度で、 その他が見なし残業、技術力などの手当でした 実際に面接では口頭で入社時期によってはボーナスや査定が反映されない事など、想定理論から差し引く内容が曖昧な上、多いような不安を感じました 企業へもお尋ねした際、 想定理論年収ですが多少の額の前後(10?20万)はあっても、100万単位はありえないし、違法になりますので大丈夫ですと言われました ですが、基本給以外の、その他のボーナス賞与等の内訳から給与をいくら減額しても、違法にはならないと、 調べたところありました(情報が間違えていたらすみません) 転職会社にもお尋ねしてみたのですが、 想定理論がほぼ出ると思って間違いなく、 心配するような大幅な減額はありえない 基本給メインでの会社(技術手当や見なし残業がなく、基本給が内訳のほぼ100%)と変わりないと言われたのですが、自分の調べた情報とあまりにも言い分が違い、困っています 私は想定理論年収で基本給が著しく低く、 基本給以外の内訳が決算賞与、 ボーナスや見なし残業等で埋められた内容は、 入社後にトラブルが起きそうな気がしてなりません(年収が大幅に下がる)、 企業や転職会社の言っている、 年収が大幅に下がる心配ない、 というのは本当に正しいのでしょうか ボーナスや賞与はほぼ100%毎年出ているから、 なにも心配ないとも言われましたが、 基本給が低すぎる為、逆に100%出ないと困るような額面でした ご回答を宜しくお願い致します 想定。想定理論年収は予想年収なので。た賃金ではないので。 この額から

理論。想定理論年収について。 先日。ある企業から内定を頂きました。想定年収理論年収とは。想定年収理論年収とは就職活動や転職活動をして。内定をもらったときに
内定通知書をもらう場合があるで例えば。アパートなど賃貸に住居する人のみ
住宅手当が出ると規定されていれば。実家から通勤する人には住宅手当は支給
されません。想定年収には。基本給とボーナスと役職手当とその他手当が
すべて合算されていることがわかりました。わたしはある求人雑誌に乗ってい
た企業の想定年収を見て。この会社であればいま働いている企業よりも年収理論年収とは。想定年収とも呼ばれる理論年収。近年。求人情報で理論年収の文字を見ることも
増えました。この理論年収とは何でしょう。また年収とは何が違うのでしょうか
。 理論年収とは何か。理論年収の内訳や計算方法。給与条件の

理論年収って何でしょうか。大学年生の者です。現在。就職活動中なのですがある企業の給与欄には。>
年月初任給実績>大卒年俸万円理論年収と記述されていました。
そこで質問なのですが。理論年収とはどのようなものなのでしょうか?理論年収とは。しかし。気になることが一つだけあるようで。 それは。面接で提示された年収と
契約書の年収の額に50万程の差が転職先から内定をもらい。契約を結ぶ際に
。本年度の年収アバウトでを人事の方に伝え。それに基づいて年収基礎
計算期間が例えば5~10月などであれば。実勤務が7~10月の4ヶ月しか
ありませんから。想定賞与の/先日。面接の際。希望年収を聞かれました。
独立系で大手の企業も平均年収では今の会社と変わりませんでした。

弁護士が回答「転職エージェント」の相談219件。転職の際に転職エージェントより。採用企業の残業代込みの理論年収を提示され
ました。 営業職であるにも関わら転職エージェントを活用し。転職活動を行い
。先日一社から内定をいただきました。内定承諾書に内定が出た際。転職
エージェントに確認したところ。総合職の内定であるとの回答であったため。
内定を承諾しました。しかし入社後。転職エージェント会社が他人を会社に
合格させてエージェント手数料を会社側から貰う金品について弁護士法違反では
?と思います

>その他のボーナス賞与等の内訳から給与をいくら減額しても、違法にはならないと基本的には違法です。規則に規定された手当等はその金額で契約が成立していますから、勝手に減額などはできません。一時金は、その算定基準が合理的、明確であれば、基準通りに減額も可能です。ボーナス、賞与、一時金、全て同じものです。また、通常、一時金は計算期間があり、支給日若干前の半年間が一般的です。この期間全てに在籍していない場合、期間に応じて減額されるのが一般的です。想定年収に時間外も入っている事から、当然に、残業の多寡に応じて変動するでしょう。今どきの日本の企業では残業代は大きな比率を占めますので、時と場合によっては百万以上の差が出る可能性も否めません。ただ、見なし残業は定額ですから、これが変動する事はありません、あったら違法です。基本給は、一時金や退職金の計算基準に使われる事が多く、バブル崩壊以降、減額の傾向にあります。代わりに手当を増やして実質の賃金を同じにしています。手当を含めた金額が基準内賃金で、これが実質の月収であり、時間外割増の算定基礎にもなります。個人毎の家族手当や住宅手当は除外されるのが一般的です。個人的な感想ですが、想定年収がほぼ出るとは思えません。ただし、だからと言って大幅に減額というのもあまり、、、考えられません。絶対額の水準が分からないので何ともですが、約1割減、0~-100万程度の範囲と思っていて良いのではないでしょうか?しかし、相手の物言い通り、20万程度というのも考えられません。100万単位は無い、と言っているなら、100万程度の減額は覚悟すべきでしょう。今の時期に入社した場合、冬の一時金はほぼゼロでしょう。今年の年収は期待できないと。しかし逆に、1月から年が変わり、一時金の計算期間も関わってきますが、夏からはほぼ全額が出るであろう事から、2019年の年収は想定にある程度は近くなるであろうと想像できます。査定や一時金の算定方法も関係してきますけどね。蓋を開けて見なければ分からないのですから、低めに見積もっておけば落胆も少ないと思います。大きな企業であれば春闘情報なども出ていると思います。厚労省や労組系を探してみるのも。想定理論年収は予想年収なので。この想定理論年収として出した額で労働契約を結ばない限り、確定された賃金ではないので、この額から大幅に下げて明示は可能ですよ。で、この下げられた額で契約締結するかどうかです。一旦この想定理論年収額で労働契約を締結すれば、一方的に下げるのは違法になります。ただし、賞与に関しては、減額要件がもともと就業規則に記載があれば、前年実績に基づいて計算されていても減額は可能。決算賞与も、支給額や率が固定されていないのなら同じく変更が出来ます決算時の純益還元なので、会社の一存。固定時間外労働賃金があれば、指定された時間未満で働いても満額支給となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です