病気のはなし 今月父が肺炎で亡くなりました父は昨年脳梗塞

  06 3月 2021

病気のはなし 今月父が肺炎で亡くなりました父は昨年脳梗塞。高齢者が肺炎で亡くなる事はとても多い事です。今月父が肺炎で亡くなりました
父は昨年脳梗塞を起こし、車椅子生活になり、老人ホームに入っていました
そこで肺炎になったので、その施設と繋がってる病院に入りました
入った時は、 熱だけで、咳もなく、会話も普通に出来ました
しかし、1ヶ月入院しても良くならず、それどころか、痰がらみが出てきて吸引するようになり、酸素マスクもつけるようになりました
2ヶ月目の最後らへんには、目が虚で会話が出来なくなり、顎で息をしているとナースに告げられ、見るからに死にそうになってしまいました
元々あまり、その病院にはいい印象を持ってなかったし、
流石にこのまま父をこの病院に居続けても死ぬだけだと思い、転院させようと思いましたが、
父はその晩に亡くなりました

私は、軽い肺炎で入院した父が何故死んだのか納得出来ません
この病院は、まず対応も遅く、父が亡くなる時も、息が止まりかけてるから来るようにと連絡は入れてくれましたが、病室からはだされ、結局死に目には合わせて貰えませんでした
そもそも、普通もっと前に死にそうだと判断出来なかったのかな?って思います …私も判断出来なかったですが

死ぬ前にナースから、肺炎が慢性化してるからこうなったと言われました

ネットで見ると、確かに慢性化してると適切な処置をしないと危険だと書いてありました でも何で慢性化してしまったんでしょう

初めは症状が軽かったのに、こんなになるまで病院は何してたんだって思います
ネットで、肺炎は早期に入院すれば怖くないって書いてありました
父は、熱も37か8度くらいで、痰がらみもなく会話も出来てたんで、早期じゃない?と思ってます

でも、実際はどうなんでしょう?早期なら助かるもんなんでしょうか?
早期でも、肺炎は助からない人が居るのが普通なんでしょうか?
それともやっぱりその病院がおかしかったんでしょうか?病気のはなし。高齢化社会により肺炎で亡くなる人は増加しており。年には。がん。心臓病
に次いで。肺炎は日本人の死因の第位となりました。肺炎で亡くなる人の
ほとんどは。歳以上の高齢者であり。高齢者の肺炎の多くが。『誤嚥ごえん
性肺炎』が原因と言われています嚥下機能の低下した高齢者や。脳梗塞
後遺症やパーキンソン病などの神経疾患喉の神経や筋肉が正常に働かず嚥下
障害を来たすを抱え肺炎を起こした細菌に対して有効な抗菌薬による治療を
行います。

年間4万人の命を奪う「誤嚥性肺炎」は。。俳優の志賀廣太郎さんが歳で亡くなりました。志賀さんは
年月に脳梗塞で倒れ。川崎市内の介護施設で療養しながら右半身不随と失
誤嚥性肺炎は。誤って気道内に嚥下してしまう症状が見られることから。この
名がつきました。今月の日。厚生労働省は年度に全国の特別養護老人
ホーム特養と介護老人保健施設老健で事故が原因で「今日か明日が山です」と言われた父が奇跡の回復。〈依頼人プロフィール〉 鈴木陽子さん 歳 女性 東京都在住 主婦 ◇ 昨年は。私
たち家族にとって忘れられない一年でした。それまで仕事一筋で生きてきた父が
還暦を迎え定年退職。家事育児を最優先にして生きてきた母とのんびり過ごし
始めた矢先に。父にガンが見つかったのです。 手術の日は家族総出で病院へ
駆けつけました。 […]#《》#《おうち時間》#《人気連載まとめ読み》
#《今月の特集》#年生まれキムジヨン#

家族がくも膜下出血で亡くなった人は要注意。特にご両親がくも膜下出血などの脳血管系の疾患で亡くなっている方は。その
不安が的中しないためにも“Uさんの父親は。くも膜下出血であっけなく歳
を前にして亡くなった。昨年は。大腸の内視鏡を受診した。かしこい患者になろう?患者の悩み相談室?。相談歳の父が重い脳梗塞を起こして救命救急センターに運ばれました。
相談私歳?男性が月の連休を利用して実家に帰省していたところ。
歳の父親が体調不良を訴えました。度に発熱し。そのうえ息苦しいと言い
始めた胃ろう造設の是非。年間地方公立病院勤務していました意思疎通もできず寝たっきり認知症の胃
ろう造設は反対です。経口摂取不能になっ胃ろう造設後も患者は。間違いなく
。逆流性食道炎。不顕性誤嚥を起こし。肺炎をなることが多い。例え。栄養面の

第8回。予防のためには。雑菌が繁殖しやすい口腔内をいつも清潔に保つことや。肺炎
球菌?インフルエンザの予防接種を欠かさかつて日本人の死因の位だった
肺炎は。戦後に抗生物質が登場したおかげで死亡者数が急激に減り。位にまで
下がりました。脳梗塞などで咳を司る神経が麻痺している場合。特に注意が
必要です。「脳梗塞」に関連する映画?DVD。夢であいましょう」の主題歌や「楢山節考」の出演で知られる坂本スミ子さんが
一昨日脳梗塞で亡くなっていたことが分かった。坂本さんは坂本は今月日に
倒れ。熊本市内の病院に入院していたが。回復には至らなかった。遺作となっ
た映画では。脳梗塞で倒れる農家の父親を演じている。年代のドラマ「天
までとどけ」では。去年亡くなった岡江久美子さんと年近く夫婦を演じていた

高齢者が肺炎で亡くなる事はとても多い事です。それは入院していようと、いまいと同じ。高齢者の肺炎は致命的となり易いのですが、その原因は高齢による体力低下免疫力低下です。お父様はお気の毒ですが、医療的な疑問は無いです。高齢者になると免疫が低下しますので、特に肺炎とかになると、なかなか治らないですね。高齢者の死亡原因は肺炎が一位です。お父様が70歳以上なら仕方ないでしょう。お父様は何歳だったんでしょうか?病気になったら最高の医療機関で最高の治療を受けたい、受けさせたいと思うのが人情ですが、現実的にはそううまくは行きません。そういった時に医療機関とはちゃんと話し合って、治療の対策や方向性を確かめる事が肝心だと思います。疑問に思う事は、自分で納得できるようにしっかり確認すべきです。その方が医師も治療法に方向性が見いだせると思います。亡くなられてから、いくら不満を述べたり相手を責めても、所詮仕方ないことです。相手を訴えて勝訴すれば納得できるのでしょうか?今となっては、お父様は天寿を全うしたのだと思い、亡くなられたお父様に「ありがとう」と伝えるだけで良いと思います。人間、いつかは必ず死んでしまいます。他人を恨んだり責めたりすることは、お父様も望まれないと思います。現状では、残念ながらその様なケースが最も多い?あるいは癌からそのような状態になることが多い!!かつて日本人の死因の1位だった肺炎は、戦後に抗生物質が登場したおかげで死亡者数が急激に減り、4位にまで下がりました。ところが1980年以降再び増えはじめ、特に65歳以上の高齢者が多くなっています。この背景には日本の高齢化があり、今後も高齢者の肺炎がますます増えていくことは間違いないでしょう。高齢者にとって肺炎はとても身近で、そして怖い病気です。特に心臓や呼吸器に持病のある人、腎不全、肝機能障害、糖尿病などがある人は、肺炎にかかりやすいうえ、症状も重くなる傾向があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です