相鉄いずみ野線の延伸 1958昭和33年に相鉄が杉田海岸

  07 3月 2021

相鉄いずみ野線の延伸 1958昭和33年に相鉄が杉田海岸。。1958(昭和33)年に相鉄が、杉田海岸?二俣川?原町田間の免許を申請しましたが、上瀬谷の米軍基地への電波障害のため、許可が下りませんでした 例えば、杉田海岸?二俣川?中山?港北ニュータウ ン?溝の口なら、許可が下ります(ました)か 都心直通実現の相鉄?米軍が阻んだ?幻の新線?。しかし年以上前の年月日。相鉄は二俣川―杉田海岸間と二俣川
―原町田間の地方鉄道免許営業許可を国に申請。これが完成していれ
ば。営業距離はどころかを上回っていたはずだ。 横浜83。平成年月。相模鉄道バスの旭系統?横浜駅西口~保土ケ谷駅東口
?永田町~児童遊園地線が廃止になり。市バスがしたという例はそれまで
他に聞いたことがなく。年報等の記録にも昭和初期の買収を除いてはそれ
らしいものは見当たりません。相鉄にとっては。&#;昭年に原町田~二俣川
~杉田海岸間で免許を申請した鉄道新線の計画が。少し北寄りのようではある
ものの

1958昭和33年に相鉄が杉田海岸?二俣川?原町田の画像。相鉄いずみ野線の延伸。いわゆる相鉄新線として計画された鉄道路線の一部で。二俣川~湘南台間を結ぶ
いずみ野線を平塚まで延伸する新線として二俣川町~杉田海岸間と二俣川町~
原町田間の地方鉄道業免許を1958年1月31日に申請した。都心直通実現の相鉄?米軍が阻んだ?幻の新線?。相模鉄道相鉄は月日。相鉄本線の西谷駅横浜市保土ケ谷区と羽沢
横浜国大駅同市神奈川区をしかし年以上前の年月日。相鉄は
二俣川―杉田海岸間と二俣川―原町田間の地方鉄道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です