資格取得相談室 社労士の勉強についてどうしても労一と社一

  06 3月 2021

資格取得相談室 社労士の勉強についてどうしても労一と社一。労一は、特に労働契約法を中心に、法令関係を最優先で勉強しました。社労士の勉強についてどうしても労一と社一がうまくいかず過去問をやったりテキストを読んだりしていますが勉強方法があっているのか不安です
みなさんはどのように一般常識科目を勉強してい ますか 社労士試験の「労一」勉強法。各用語について。知識の混同が生じやすい分野ですが。一度ですべて覚えよう
とせず。主要科目の合間等を使って根気強く暗記していくようにすることで十分
な時間の確保につながります。 社労士「労一」対策 白書?統計対策は最新の内容
で資格取得相談室。このページは。社労士をはじめ宅建などのビジネス資格を目指す受験者が。勉強
中に出くわすさまざまな疑問や質問にたいして。私がやはり問題集だけでは。
知識が断片的になりますし。合格するための量として。どうしても不十分になっ
てしまいます。 資格試験等の勉強について。過去問を繰返すより。テキスト
を繰返す方が効果がありますか?なぜなら。択一式の一般常識労一5点+社一
5点では。労一で5点満点を取るのはほぼ不可能と言えるくらい至難の業です。

社労士社会保険労務士試験の最難関科目「労一」とは。各労働関係法令については。後ほどそれぞれのポイントについて詳しく解説し
ます。 法律の学習には。丸暗記は無理があります。細かいところまで暗記しよう
とせず。精読してテキストを読み進めること社労士一般常識?統計を攻略?得点源にする勉強方法労一。担当。金沢博憲資格の大原「社労士」「経験者合格コース」担当 そんな労
一。社一について。基準点以上を確保するための方法をまとめました。 労務管理
。白書。法令と様々ですが。そのうちの「労働統計?厚生社会保険労務士社労士の通信講座資格学校7社を徹底比較。社会保険労務士社労士の通信講座を選ぶ際のポイントや講座内容などの条件に
応じたおすすめ講座を資格学校7社を対象にそう。まさに以下のようなお悩み
をお持ちの方にはぜひご覧いただき。読み終えた後にはスッキリしてもらえる
ことをといった基礎知識や。独学で試験対策をしている方にも満足して頂ける
ような勉強法についても掲載しております。圧倒的な学習量をこなす自身の
ある方; 出来れば年以内で社労士試験を突破したい方; 過去受験経験のある方で次
の試験は

ヤマ予備6期生の合格者アドバイス。私は。本試験の労一の選択は点でしたが。白書のテキストをもう回読んでいれ
ば点とれたのに…私を救ってくれたのは。講座内での山川先生の「がんばれ
」の言葉やヤマ予備で勉強している方とのツイッターでのやりとりでした。
過去年連続で選択科目基準点割れ年労災点。年労一点で。
どうしてもあと点の壁が破れなかった。直前期は労一。社一。徴収。安衛。
白書に重点を置き得点源にする私は択一19点中14点確保。選択12点中
10点確保でき

労一は、特に労働契約法を中心に、法令関係を最優先で勉強しました。労働契約法は、労一の中でも、ほぼ毎年出題される論点だからですまた、その他の、厚生労働白書、労働経済白書などの統計関係についてはテキストに記載されている範囲だけでも、膨大な量ですから、他の科目のように読み込んで、暗記や理解をするのではなく、大まかな流れや傾向を把握することを意識しました。例えば、数字を丸暗記するのではなく、過去最高、1割未満、9割以上、などの、大まかな数字を押さえたり、すっと上がっているのか、下がっているのか、などの長期的な傾向の把握。また、大企業ほど普及しているのか、最も普及しているのは○○業なのかといった、業種別のランクも、おおよそ押さえました。とにかく労一は、範囲があってないようなものですから、下手に細かい論点まで無駄に手を広げず、優先順位をつけて勉強を進めていくことが鉄則です。社一については、労一に比べれば、だいぶ勉強し易いため、他の科目と同じように、テキストと過去問の論点を中心に勉強しました。特に択一式では、労一よりも点数が取りやすい社一で点数を稼ぎ、基準点割れ足切りを防いでおくことが重要です。私自身は、上記のような勉強法で、複年かけて何とか社労士試験に合格しました。ただ、はっきり言って一般常識特に労一に関しては、これといった勉強法は、ないのかな、というのが正直な感想ですね。実際、選択式の労一で足切りをくらい、1点足りずに不合格、またその翌年には、今度は択一式の一般常識で基準点に到達できず、3点で1点足りずに、これまた足切り不合格という、私の苦い経験もあります長くなりましたが、少しでも参考にしていただければと思います。頑張ってください!私は社労士合格者ですが、当初はべた撃ちめった撃ちで勉強したもののうまくいきませんでした。なぜかというと、予備校でも言われましたが、一般常識白書統計だけは予想がつかないそうです。なので、予備校でやっているのは出る可能性がある所になります。しかし一般常識でも社一労一計10問のうち5問は確実に法律の問題なんですね。そこで、この5問を取るつもりで集中しました。白書統計はあてずっぽうです。結果これで合格した年は労一=1問社労士法でした。社一=5問計6点の点数を叩き出しております。我ながらこんなのでよく受かったなぁと、今思い出しても背筋が寒くなる点数でした。ですが、法律問題に特化することは戦術としてありですが、もしもの時のために予備校でやったところは必ず理解してください。選択の時に「確かこの辺りを言っていたなぁ」で正解を出すことだってあります。一般常識は範囲が広くて、大変ですよね。合格者の苦手科目は、大抵一般常識です。私もとても全て学習できる範囲でなかったので、試験に出そうな所だけを学習しました。しかし、予想は裏切られ、学習しなかった所から多く出て、失敗しましたが、一般常識の試験問題限定ですが、学習していなくとも、ある程度、得点できる問題の出し方のため、危なげなく合格しました。この科目に限って、正攻法で回答が分からない時でも回答できる回答テクニックを身につける必要があります。労一、社一の勉強方法にお悩みということは社労士試験の癖をご存じかと思まします。年度による運不運が一番出やすいのがこの科目です。昨年、一昨年と合格率は若干上昇しましたがその前2年との違いはこの科目の難度とも関係していたのかもしれません。基本的にはテキスト、過去問ですが、それだけでは足りずできれば、TAC、大原などが行う一般常識対策セミナーの受講もご検討されてはいかがでしょうか?白書などを通読しポイントを抑えるのは不可能なためやはり効率を考え、こういったセミナーを利用するのも1つの手かと思います。とはいうもののこれが的中するかといえばそうとも言えないのがしんどいところですが。私は大原だったので、大原のテキスト、過去問、対策セミナーを受講し、さらに社労士Vで毎年、一般常識対策特集が組まれるのでそれをざっと目を通しました。さらに余力ある場合は、特に労一は、統計そのものの出題もあるため、労働政策研究?研修機構にある労働統計のあらましも読みました。また、大原の問題集は一般常識の択一過去問がなかったのですが、これは必ずやるべきですね。なぜなら、過去に択一で出題された論点が選択で出題されるケースがここ数年で何度かあったためです。『一般常識』なのだから、一般人が有する『常識』の範囲内で出題してほしいものですね。社労士試験は、捨て科目を作ることが赦されないので大変ですよね。一般常識科目の対策は、私もずっと頭を抱えてきました。特に択一式で試験の直前期6月くらいから出版される市販の直前対策法改正、白書、統計の本を毎年利用していましたが、3?6点しか得点出来なかったです。受験回数5回。合格した年も5点w前年度の白書や統計からズバリ出題された、という実感は無く、「とりあえず勉強した」という安心感を得るために目を通していたようなものでした。この科目は、得点源にするというより、「4点」でも充分だという守りの姿勢で捉えた方が良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です