電気回路教室 電気回路です I1=2A I2=0A I3

  06 3月 2021

電気回路教室 電気回路です I1=2A I2=0A I3。右下の節点を基準として左上の節点電位を計算すると12/12。電気回路です I1=2A I2=0A I3=2A で合ってますか 電気回路です。キルヒホッフの法則。電気回路の任意の分岐点について。そこに流れ込む電流の和は。そこから
流れ出る電流の和に等しい。この法則は。左図のような回路において = +
であること中学理科で習ったことを一般化拡張したものです。この
とき。キルヒホッフの第法則の「電位差の和は である」の部分を「起電力の和
=電圧降下の和」と覚えた場合は。Ω× もし真の電流の向きが仮設定と
逆であった場合は の値が負となり。- Ω× の値は正となり。点より点
の方が「電気回路教室」。[参考] 導体の中を電流が流れるとき,電子は反発しあって導体の表面を流れる
のかという質問を受けるこたかもしれませんが,これを実現できる回路を考案
するにはちょっとしたアイデアが必要です. 各節点の名を添字として電位
を表すことにすると,= ,=+= ,=+= ,= ,=-
/= . により,ほかの枝電流は =–=–=- , =-=–=
, =-=-=-.電力消費する素子は,枝電圧と枝電流の向きが逆になる
,つまり

右下の節点を基準として左上の節点電位を計算すると12/12-12/6/1/12+1/6+1/12=-3 なのでI1=1.25I2=1.5I3=-0.25になると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です