高校化学基礎原子番号と質量数 化学基礎です 原子番号8の

  07 3月 2021

高校化学基礎原子番号と質量数 化学基礎です 原子番号8の。酸素原子は3種類あり、酸素分子を構成する2つの酸素原子を決めるので、順列の計算より3P2=6種類です。化学基礎です 原子番号8の酸素原子には、質量数が16、17、18のものが存在する したがって、構成する酸素原子の同位体を考慮すると、酸素分子は( )種類存在する ( )には6が入るらしいのですが全く理解できません 説明よろしくお願いします 化学基礎。普通。水素原子は陽子1個の原子核と電子1個からできています。 質量数は「1
」です。 しかし。水素には陽子1個と中性子1個からできた原子核を持つもの高校化学基礎「原子番号と質量数」。だからそのまま。原子番号もとなるわけです。 高校 理科 化学基礎 ポイント
「」「」「」 左上の質量数=陽子の数

酸素原子は3種類あり、酸素分子を構成する2つの酸素原子を決めるので、順列の計算より3P2=6種類です。酸素分子は酸素原子が2つ結合した形で、酸素原子には3種類あるので16-1616-1716-1817-1717-1818-18の計6種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です