6月20日 田んぼの中干しをする場合水はけの悪い田んぼは

  06 3月 2021

6月20日 田んぼの中干しをする場合水はけの悪い田んぼは。抜いて構いませんが干割れの程度にはご留意ください。田んぼの中干しをする場合、水はけの悪い田んぼは暗渠も抜いてもいいものでしょうか 溝切りもやります 中干しとは。先週から。地域の田んぼは本格的な中干しの時期に入り。生徒さんからも中干し
後の水管理に関してご質問をいただくことが多くなりましたので。私見ですが。
以下を無農薬の田んぼでは。ガス抜きや有機物の分解を促進させ。根が地中
深く張れるようになります。特に。水はけが悪い田んぼや。大型機械の
コンバインなどで収穫する場合は。中干しをしっかりする傾向があります。土を乾かす「中干し」。種まきから日目頃 夏の暑い盛りに田んぼの水を抜いて。土にヒビが入る
まで乾かす作業が「中干し」です。夏の土用の時期に干す場合が多いので。「
土用干し」と言う場合もあります。また。ひどい場合は稲が陸稲化畑で栽培
される稲のことし。登熟を完了する前に根の寿命が尽きて。収穫量が減ります。

田んぼの中干しをする場合水はけの悪い田んぼは暗渠も抜いの画像。6月20日。しかし。すくすくと苗が育っている箇所も。もちろんあります。その苗たちが
しっかり根を張り。さらに大きく育つように。月中旬から月頭にかけて。
田んぼでは「溝切り」と「中干し」という作業を行います。月日付

抜いて構いませんが干割れの程度にはご留意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です