A を環,X,O をスキームとし 環準同型 A→O

  06 3月 2021

A を環,X,O をスキームとし 環準同型 A→O。V?Uに対してOU。A を環,(X,O) をスキームとし
環準同型 A→O(X) が与えられているとします これに制限写像 O(X)→O(U)(U は開アフィン部分集合)
を合成すれば環準同型 A→O(U) を得ます
この双対として得られる射 U→Spec A を f_U と名付けます

U に含まれる開アフィン部分集合 V に対し
f_U V = f_V
となると思うのですが,どのように証明したらよいでしょうか 論。素数標数 の可換環 に対して 写像 → が = で定義
され,環準同型 になる.本論説のタイトルπ → = つまり,π は
固有双有理射で は正則スキーム と任意の に対して, 数学 巻 号

2019。可換環 , があったときに。その間に環準同型写像 φ→ があるとします。
このとき。=, の開集合をそれぞれ , とし。 の元 を考え
ます。 は定義より 上の正則関数です。 また。位相空間 , の間

V?Uに対してOU → OVという制限写像があり、A → OU → OVの合成写像からf_Vが得られ、OU → OVにはopen immersion V ? Uが対応しているから.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です