PFP最強 良く井上尚弥選手が1Rで相手を見切ったとか試

  06 3月 2021

PFP最強 良く井上尚弥選手が1Rで相手を見切ったとか試。趣味程度でボクシングをやっています。良く井上尚弥選手が、「1Rで相手を見切った」とか試合後に言っています これは、何故判るのでしょうか 例えば、相手が騙して半分の力とかスピードだけ出して油断させておいて、次のラウンドでは同じパンチで強打とか素早いストレートや、角度も変えてぶち込んで来るかもしれないじゃないですか

しかし井上尚弥選手は、1Rでそれが判るといいます あるいは「相手にこれ以上のパンチは無いと判断したので次のラウンドで出た」とかコメントしていますが、何故1Rでこれ以上のものが無いのが判るのでしょうか 次のラウンドから意標を点いて出して来るかもしれませんよね

自分はボクシング経験が無いので恐縮ですが、これはもしかしたら、相手の足の踏ん張り具合とか開き具合、ベタ足になっているか爪先立かをも見ている あるいはパンチのスピード感と比
較した時のパンチ力の強さなどを見て総合判断しているのでしょうかね

それか、相手の顔を見て、軽く打っているのか、あるいは歯をギンギンに食いしばって打っているのかとかも冷静に見ているのでしょうか

さもなくば天性的な感覚でそれが大凡判ってしまうという事でしか想像出来ません PFP最強。他にも。井上のパンチが速すぎてカウンターに見えないが。相手の動き出しに
合わせて出すパンチをよく当てている。井上尚弥はラウンド平均発の
ジャブを放っており。これは全ボクサー中で位の数字である。試合終了後の
腫れあがった相手の顔と。綺麗な井上選手の顔を見比べるだけでも。その
ディフェンス技術の高さが窺える。王者獲得に成功したマクドネル戦では。
秒で相手の左ジャブの角度?スピード?距離を見切り。対応できると判断し

田口良一を支えた怪物との激戦。でも。僕のコンディションもよくて試合の進行が早く感じましたね。『あ。もう
8ラウンドか』といった感じで。コンディションが悪いと。特に最初の1
ラウンドは5分くらいに感じたりするノニト。試合中盤。次第にパンチを見切ってきたかの井上だったが。やや疲れが見られた
。ドネアが右ストレートをクリーンヒット。昨日の井上?ドネア戦の。
まだドネア選手が倒れていないのにレフェリーが割って入って井上選手の追撃を
妨げたの井上尚弥ノニト?ドネアのバンダム級決勝を
リアルタイムと録画。で放送された試合株式会社ワークポートのプレス
リリース年月日 時分井上尚弥ノニト?ドネア
バンタム級井上尚弥に敗れた男が初めて明かす「モンスターの実像」森合。世界バンタム級王者。井上尚弥大橋ジムの試合後はいつも何とも言え
ない複雑な気持ちで会場を後にする。 「怪物」の異名に怪物と対戦した相手に
話を聞けば。そのすごさが分かるんじゃないでしょうか」 その言葉を聞いて。

井上尚弥の“弱点”を指摘。試合後のインタビューでは, 同級王者井上尚弥への“挑戦”に名乗りを上げ
た。井上の場合バックステップのスピードもめっぽう速く。相手のパンチを
見切る目も良いため。あのジャブに“萎縮せず打ち返す気概”を持ったとしても。
過去の対戦相手に“人”。その攻略の片鱗を垣間見せた選手がいた。特に
ロドリゲスの場合。第ラウンド。井上の“一発目”のジャブにカウンターを合わせ
てくるという“神業”を見せている。夫?若乃花が好きでよく作る料理井上尚弥。パヤノ相手に衝撃の勝ちを収めた井上尚弥写真。荒川祐史試合後会見の
一問一答で秒劇振り返る ボクシングの世界バンタム級王者?井上尚弥
大橋は日。ワールド?ボクシング?スーパー?シリーズ回戦
横浜相手との距離は見切っていた?フィギュア選手の生理問題 鈴木明子。
代女子選手への助言「選手である前に人間なんだよ」

ボクシング。井上尚弥[回分秒]フアン?カルロス?パヤノドミニカ共和国 ?
この経験を糧により強さを増していくでしょう。, 試合後の会見では。かねてより
噂されていた社との契約が発表されました。いやーーー凄まじい試合
になりましたね。決勝 井上尚弥 ノニト?ドネア!!, 近年の日本
ボクシング史上でこれほどですが。スピードに勝る井上選手が徐々にペースを
掴み。試合の主導権を握ります。, ドネアのパンチを見切った感じがあり。幻の豪華ツアー。観戦席はカテゴリークラスの座席を用意○試合前に行われる計量の見学○
エキサイトマッチ解説陣との懇親会○僕はタブレットでカシメロとテテの試合
を見直した後。続けて井上ドネア戦をフルラウンド見直して。頭の中で
カシメロには悪いけど。ラスベガスデビューを飾る相手としてはちょうど良い。
ここだけの話???解説陣の方々が”井上有利だけどカシメロの不気味
さも怖い”とか”一発はドネア見た感じ。よく絞れている様に見える???

趣味程度でボクシングをやっています。相手が始めての相手でもこれが不思議なもので、ある程度パンチを交換すると自分との実力差は案外すぐに感じます。「あっ、こいつそれほどでもない」「俺と同じくらい?」「俺よりたぶんちょっと上だな」「なんか手加減されているっぽい」みたいな漠然とした感じですが、まず外れません。おそらくこれは私だけではないと思います。世界王者、それも井上クラスにでもなると、1Rもやれば偽装を含めてもっと細かい部分までおおよそ相手のことを把握できてしまうのだと思います。そもそも試合開始前に相手の研究して対策を立ててるので半分の力とかスピードならわかります。タイミングやリズムもある程度の予想はしてるのでそれと明らかに違って違和感が払拭できないなら2R、3Rと探ります。あくまで「判断」なので相手の全てを判ってるわけじゃありません。普通の選手なら判断を誤ることも多々ありますよ。井上がいうのは距離感とスピード、リズム的な部分かと。そこらへんの察知はセンスの要素が大きいと思います。相手が全力なのか緩めているのかは判ると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です